スポーツ

プロ野球「球団の火種」乾燥注意報(5)ソフトバンク・工藤監督と選手の間の溝

 下剋上で日本一になったソフトバンクでは、西武と同じく独裁的な工藤公康監督(55)と選手の間に埋めがたい溝が横たわっていた。

「中でも深刻なのが、股関節手術のリハビリから復帰する守護神・サファテ(37)との関係です。17年8月にリリーフ陣の酷使を巡り批判とも取れる発言をしたサファテを工藤監督はよく思っていない。本音では新守護神に抜擢した森唯斗(27)を重用したいはず。起用法しだいではサファテのプライドを傷つけ、ひと悶着起きそうです」(スポーツライター)

 加えて、“甲斐キャノン”でブレイクした甲斐拓也(26)の動向も怪しい。

「オフのテレビ出演などが続き、すっかりスター選手気取りだとか。ですが、現役時代に城島健司(42)を超一流に育て上げた自負のある工藤監督は、そもそも甲斐をそこまで評価していないんです。昨季までなら選手と監督の間に達川光男元ヘッドコーチ(63)という“緩衝材”がいて、調子に乗った選手をたしなめもしましたが、今やそうした存在もいなくなってしまった」(スポーツライター)

 火消しを担う守護神と正捕手が、ともに監督とぶつかる可能性がある現状を見れば、すでに危険水域と言えよう。

 最後は積極的な補強で戦力に厚みの出た日本ハムだ。

「オリックスから移籍した金子弌大(ちひろ)(35)の“宇宙人ぶり”に他の選手が合わせられるかが心配です。金子は4年前のメジャー移籍騒動の時もそうですが、日本ハム入りにしても何にしても、名古屋在住の風水師に全てを決めてもらっているんです。これが登板日の決定まで風水に委ねたりし始めたら‥‥」(球界関係者)

 日本ハムには甲子園のスター・吉田輝星(18)も入団したが、“元祖”の斎藤佑樹(30)はさすがに首筋が寒くなってきたか。

「それでも今季も現役続行です。実は入団時に、『10年間は選手契約する』というサイドレターがあったと噂になっているんです。斎藤の“特別扱い”に対して別の選手が球団に提言しても徒労に終わるため、今では誰も相手にしなくなった。斎藤は吉田に近づいて懐柔し、“ハンカチ派”を作りたいようですが、入団時から斎藤を認めていないキャプテンの中田翔(29)らが阻止する構えを見せているという不穏な話まで聞こえてきます」(パ・リーグ関係者)

 いずれの球団も、火種が大爆発を引き起こさないよう、有意義なキャンプを行ってほしい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
2
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
3
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
4
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
5
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?