芸能

ブルゾンちえみ、いよいよ「あの人は今」有力候補に!?NG仕事が多すぎるッ

 この人の肩書きはいったい何なのだろうか。他でもない、ブルゾンちえみである。17年1月1日、「ぐるナイ」(日本テレビ系)の名物企画「おもしろ荘」に「ブルゾンちえみ with B」として出演し、優勝。これをきっかけにブルゾンはテレビやメディアへの出演が激増。スターダムにのしあがった。

「さらに同じ年の4月、『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)で女優デビュー。8月には『24時間テレビ』(日本テレビ系)のマラソンランナーとして完走しました。最後はブレイクタレントの証明でもある『ユーキャン新語・流行語大賞2017』で、「35億」がトップ10入りを果たしました」(芸能ライター)

 そして翌18年はその追い風で何とか乗り切った感があるが、それもいよいよ限界がきたようだ。

「『24時間テレビ』のマラソンランナーとして選ばれると、向こう1年は日テレで優遇されるという暗黙のルールがあります。古巣の『ぐるナイ』にwithBことブリリアンとともに出ただけではなく、『行列のできる法律相談所』にもひな壇に隔週で出ていました。しかし、彼女はとにかくアドリブができないばかりか、芸人の軽口に対して柔軟に対応できないぐらいマジメ。東野幸治からのイジりに怒りだしてしまったほどです」(前出・芸能ライター)

 さらに彼女の活躍を狭めているのがNG項目の多さだという。

「1月6日の『行列』で、ブルゾンは、スッピン姿を見せたり、寝起きドッキリもNG。女芸人もよくやるパンストかぶりも難しいと告白し、共演者を驚かせていました。ブルゾンは、いわゆる若手芸人がやるような体力系の仕事や汚れ仕事をやりません。自分のイメージが崩れるのを恐れているんでしょう。その結果、明らかに今の女芸人の系譜には乗らなくなってしまった。かといってセンスで笑いを取るタイプでもない。使い勝手が非常に少ないのです」(前出・芸能ライター)

 数年後、「あの人は今」に出てないことを祈りたい。いや、そのオファーにもNGを出すのかも? 

(魚住新司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、「バストの張り」良好ぶりを裏打ちした?渡部建の“豊洲バイト”
2
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
3
夏目三久、水卜麻美・井上清華への意地!?強調すさまじい「Fカップ」対抗
4
テレビから消えた“あの女子アナ”を追え<日本テレビ>奔放すぎた葉山エレーヌはアナウンス室追放
5
バストが揉みしだかれて!?井上和香、「目を閉じ口を半開き顔」写真に熱視線