女子アナ

「路チューのプロ」先輩を超えた!? TBS林みなほ、キス動画公開にスタジオ騒然

 まさかこんな時代が訪れるとは…。

 TBSの林みなほアナ同局のバラエティ番組「有田哲平の夢なら醒めないで」に出演したのは去る2月5日。自身のインスタグラムで夫とのキス動画を投稿した真意について明かしている。

 16年7月に10歳年上のTBSラジオの男性プロデューサーと結婚した林アナだが、インスタグラムにハマっているといい、夫や息子、両親などの写真も顔出しでアップするなど、プライベートショットを積極的に公開している。しかし、思うように「いいね!」の数が伸びず悩んでいたとのこと。

 そこで思い切って、さらなる「秘策」として話題になるために夫とキスをしている動画を公開したとのこと。この発想に共演者からは「何やってるの?」「マジで! え!?」「これちょっと大問題じゃないの?」といった声が上がるなど、大いに衝撃を受けていたようだ。

 林アナは「こうやってフィーチャーされると恥ずかしいものですね」としつつも、みずからの判断でキス動画を投稿したことを認めている。残念ながら、動画自体は全然話題にならなかったとのことだが、まさか局アナがみずからキス動画を公開する時代が訪れるとは驚きだ。

「TBSでは出水麻衣アナが10年に路チュー、15年にはタクシー車内でのキスを写真週刊誌にすっぱ抜かれたことで、路チュー癖があるアナウンサーとして有名です。ただ、女子アナといえば清楚や上品といったイメージも強いため、路チューを撮られるなんてもっての外。そのため、番組MCを務める元テレビ東京アナウンサーの大橋未歩は『(テレ東に)入社した時に「路チューだけは撮られるな」って言われ続けてたんですよ』と、いかに女子アナにとって路チューがNGなことなのかを説明したうえで、『みずから投稿する時代になったというのは、なかなかね…』と時代の変化に驚いてましたね。とはいえ、キス動画をあげることで女子アナの人気が上がるとは到底思えませんから、同じく番組MCのくりぃむしちゅー有田哲平も『こんな人応援したくはないけどね。これ(キス動画)を見て「頑張れ!大ファンなんです」ってなるか?』とコメントしていましたが、もっともな正論だと思います」(エンタメ誌ライター)

 少々、戦略が空回りしている感も強いが、何がなんでも目立とうとギラギラしているTBSアナウンサーたちの野心家ぶりがどうか報われてほしいものだ。

(田中康)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
2
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
3
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”
4
太川陽介のバス旅を超える?復活が待望される「テレ東旅番組」はこんなにある!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々