芸能

菅田将暉は無罪!?「3年A組」の立てこもり教師が裁判になったらどうなるのか

 水泳部のエースを自死に追い込んだ張本人は、カリスマ教師の武智大和(田辺誠一)だったのか。そして生徒たちを監禁した美術教師の柊一颯(菅田将暉)に、元カノの父親が協力していたのは本当なのか。謎が謎を呼ぶ展開で話題のドラマ「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)において、事件解決後の展開に興味が集まっているという。

「ドラマの最終回に生徒たちが監禁状態から解放されるのはほぼ確実です。そして立てこもり犯の菅田は末期のガンを患っていることから、そのまま病に倒れる可能性が高いものの、もし菅田が逮捕・起訴される場合にはどんな判決が待っているのか。視聴者の間ではそんな予想が盛り上がっています」(テレビ誌のライター)

 劇中で菅田が犯した罪には暴行罪や監禁罪、脅迫罪などがあり、細かいところでは食事を届けに来た警察官を殴った公務執行妨害もある。その中で最も重い罪状は何になるのだろうか。

「物語の序盤で生徒を殺害したシーンは狂言だったことがわかっているほか、生徒との信頼関係が成立していることから、暴行罪も問題にはならなそう。それに対して監禁罪の成立は明らかで、これは3カ月以上7年以下の懲役となっています。また警察に真犯人を見つけ出すように迫った行為は『人質による強要行為等の処罰に関する法律』に該当し、法定刑は6カ月以上10年以下の懲役です。ただ、最も重い罪はこれらの行為ではなく、魁皇高校を爆破した『激発物破裂罪』(刑法第117条)。この法定刑は『現住建造物等放火』(第108条)を準用し、死刑または無期もしくは5年以上の懲役と定められているのです。そして裁判では複数の罪を加重する可能性もありえます」(週刊誌記者)

 そうなると、激発物破裂罪により最低でも5年の懲役が宣告されることから、執行猶予の条件である「3年以下の懲役」を超過してしまうため、菅田が実刑を食らうのは確実なのだろうか。

「刑法では有期懲役の“減軽”を認めており、激発物破裂罪の場合は短期刑の2分の1に当たる懲役2年6カ月に減ずることが可能。そうなると執行猶予の対象となりえます。犯行の目的が水泳部のエースに自死を強要した真犯人を暴くことであり、監禁された生徒たちも今や菅田の味方。被害者が監禁犯に同情心を寄せる“ストックホルム症候群”に陥った可能性もあるとはいえ、生徒たちが『先生を罰しないで!』と嘆願すれば、裁判官も考慮に入れるかもしれません。しかも真犯人を探せなかった警察に対する批判も渦巻いていることから、実質的に無罪判決も同然の執行猶予に落ち着く可能性も十分にありそうです」(前出・週刊誌記者)

 いずれ正体が暴かれるであろう真犯人にはどんな鉄槌が下されるのか。そちらの行方も大いに気になるところだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
4
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
5
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛