スポーツ

プロ野球「アイアン40代」のド根性キャンプ生中継!(3)練習している姿が楽しそう

 今季は「イチロー世代」である「昭和48年組」が40歳を迎えるシーズンとなる。

 DeNA・三浦大輔(39)は、序盤から連日ブルペン入りするなど精力的である。

 前出・野村氏が語る。

「DeNAはベテラン勢の多くが横須賀居残りの中、大輔は宜野湾で初日から70球ぐらい投げ込んでましたね。5000メートル走の前に『23分台で帰って来い!』と言ったら、『無理ですよ~、頑張ります!』なんて返してきたけど、まあ元気そうですよ」

 オフの大型補強が、三浦のやる気をますます後押ししているようだ。

「三浦は前々からフロントに補強を訴えていました。それがついに実現したんです。環境が整ったからには自分も結果を求められますからね。でも、練習している姿は楽しそうで、『今年は期待してくれていいよ』と笑顔があふれています」(前出・球界関係者)

 一方、同じDeNAでは、ブランコ獲得で中村紀洋(39)がレギュラー枠獲得ピンチだが、2000本安打まで残り32安打という大事なシーズンでもある。

「中村は昨年後半に、采配批判とも取れる言動をして二軍に降格されました。そのうえでの大型補強です。これ以上、悪いイメージで出場機会まで失えば、2000本安打も夢と消えてしまうので、態度が変わったと評判です。これまでは記者に質問されて『バカなこと聞くんじゃねえ!』とすごむこともあったのに、昨シーズン後半からは『何かある~?』と自分から記者に聞いてくるほど低姿勢になった。今は代打でも結果を残したい思いのようです」(球団関係者)

 バリバリに働けるようで、一転、肩叩きや引退も視野に入れなければいけない境遇だが、それでもド根性で生き残りをかける。

 中村同様、かつて推定年俸5億円にまで到達したソフトバンク・松中信彦(39)も今季は正念場を迎えている。

「昨年にチームリーダーの小久保が引退したことで、『小久保さんがいなくなりましたが次は─』と自身の引退に関する話題をぶつけられると過敏に反応し、とたんに不機嫌となります。そのため、記者の間では『小久保』という言葉が禁句になっている。キャンプでは、志願の特守でレギュラー獲りをアピールしていますが、苦しいシーズンとなりそうです」(遊軍記者)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
3
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性