スポーツ

プロ野球「2019年キャンプ大暴投」事件を全て書く(1)巨人・原監督は休ませてくれない

 平成最後となるプロ野球シーズンの開幕まで残り3週間を切った。春季キャンプを経てオープン戦に臨んでいるセ・パ各球団の内情は──。「荒れ球注意」のキナ臭い話も聞こえてきた。

 やはりキャンプから今季最大の注目球団は、4年ぶりに原辰徳監督(60)を招聘し、丸佳浩(29)ら巨大補強をした巨人だろう。

 球団の期待を一身に背負う指揮官はさっそく、独自の色を出した。キャンプインからまだ間もない2月3日に異例の早さで紅白戦を実施。各選手たちに早い段階での仕上がりを暗に求め、主力たちからもマイペース調整を剥奪した。

「確かにいい意味でチーム内に緊張感を植え付けました。由伸体制の時にチンタラやっている選手も目立ったから、主力の間からは『原監督は休ませてくれない』と泣きの言葉も聞こえてくる。おおむね受け入れられてはいますが、主力たちの調整ペースが例年になく早く『飛ばしすぎではないか』と不安の声も出始めています。実際、オープン戦に入って主力の何人かが『疲労が抜け切れていない』と顔をしかめており、シーズンに入ってからパンクする事態が危惧されている」(チーム関係者)

 早い段階での総仕上げには、新助っ人たちも戸惑いを覚えているようだ。新主砲として期待されるビヤヌエバ(27)は、実戦出場を重ねてもバットからなかなか快音が響かない。メジャーリーグの極東スカウト担当が、こう打ち明ける。

「2月早々から紅白戦メンバーとして出場していましたが、さすがにメジャーでもこんな早い時期からゲームはやらないので相当困惑していたそうです。ただし、それと打棒が湿りっぱなしなこととはあまり関係ありません。日本の投手が多投する変化球に対応できていないですから。バットコントロールがうまいタイプではないので、コーナーを突かれる投球をされると相当に苦労するでしょう。それから守護神候補のクック(31)の実力も疑問符です。マリナーズにクビを切られたタイミングで巨人に拾われました。しかしマリナーズ関係者からは『16年に右肘にメスを入れてから球威が落ちたうえ、走者を背負うと慌てるクックを獲ってくれるなんて、こちらからすれば“ありがとう”という気持ちだ』との言葉が出ているほどです。自慢の大型補強はキャンプ以前の問題だったかもしれません」

 新加入といえば、首脳陣にも懐疑的な目が向けられていた。新たに就任した宮本和知投手総合コーチ(55)と元木大介内

野守備兼打撃コーチ(47)である。

「2人ともプロでのコーチ経験がない『元タレント』ですからね。キャンプ中は日テレのカメラの前で率先して身ぶり手ぶりを交えながらペラペラしゃべっている姿が目立ちました。それを『タレント気取りが抜け切れていない』と白い目で見ていた選手や球団関係者が、実は少なくなかった。特に宮本コーチは、4人の外国人枠について『投手で3人いただく』などと主張だけはするから、打撃コーチ陣から疎まれ始めています」(チーム関係者)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す