芸能

「女子アナ11PM」視聴率“艶”バトル(2)フジは三田友梨佳投入で刺激的なニュースに?

 一方、迷走が続くフジテレビは“夜の顔”を、間もなく産休に入る椿原慶子アナ(33)から三田友梨佳アナ(31)に代え、新番組「ライブニュースα」を投入し、「夜ニュース改革」に挑む。フジ社員が内情を語る。

「たった1年で『プライムニュースα』が打ち切りとなったのは、昨年10月の椿原アナの電撃婚が最大の理由。一般的に、メインの女性キャスターが結婚すると視聴率が激減するのが業界の定説。結婚が上層部に伝わって間もなく新番組の企画が動き出したので、彼女は“会社公認”で子作りに励むことができたんです」

 4月スタートの新番組については、定評のある椿原アナに代わる人材と「11PM戦争」に対抗できる人気アナが求められるだけに、局内でも喧々ガクガクの議論となったそうだ。フジ局員が続ける。

「実は三田アナのキャスティングは社内でも賛否が大きく分かれていた。『プライム』で金曜キャスターを務める竹内友佳アナ(30)を起用する案と競り合った結果、『華のあるミタパンで新カラーを打ち出そう』との意見が強まり、抜擢されたんです」

 さらに「現場スタッフたちは『正直、裏番組に負ける気がしない』と強い手応えを感じている」と言うが、その根拠はどこにあるのか。

「『グッディ!』で好評だったスタイルを踏襲して、三田アナがコメンテーターさながらにニュースに意見を示す“前に出る姿勢”を打ち出していくのが一つ。もう一つは彼女の“夜向けのビジュアル”路線へのシフト。今や伝説となった『ニュースJAPAN』時代の秋元優里アナ(35)ばりの“ミニスカ露出”と“ナマ美脚見せ”です。これらの方針で『他局より圧倒的に刺激的なニュースになる』と士気が高まっていますね」(フジ局員)

 夕方のニュース抜擢でその実力がアップしているミタパンだけに、彼女のハッスルが今後の命運の鍵を握りそうだ。

 火の手はさらに広がり、「我が道を行く」独自スタンスを貫いていたTBSが急転直下、テレ朝を退職する小川彩佳アナ(34)を獲得。「7月加入」が確実視されているのが「NEWS23」だ。これまでNHKを中心に手堅い人選でフリーアナを起用してきたTBSの突然の方針転換に局内も動揺、いまだ波紋が収まらないのだ。テレビ関係者が明かす。

「小川アナが入るメリットは絶大ですが、実際は不安要素も多い。とりわけ現MCの雨宮塔子(48)は小川アナ抜擢の影響で“6月降板”が既定路線となり、周囲が心配するぐらいテンションがダダ下がり。スタジオでは誰もが雨宮に相当気を遣っていて、スタッフからは『小川より雨宮さんのほうがいい』といったご機嫌取りの軽口まで飛び出すこともあるほど。その声に、雨宮もまんざらでもない様子を見せているんです」

 とはいえ、ひたひたと新旧交代の波はTBSにも押し寄せている。

「7月からは山本恵里伽アナ(25)の加入も決定的ですね。彼女は現在『JNNニュース』『Nスタ』に出演していて近い将来の“報道のエース”と呼ばれています。仮に小川アナの加入がボツになれば、山本アナが新MCになる可能性が高いとみる向きも多い。『女子アナ界屈指の美白フェイスでニュースを読む時に見せる上目遣いがたまらない』とTBS内部にも熱狂的なファンが急増中で“夜の顔”にもってこいの逸材ですよ」(テレビ関係者)

 TBSが仕掛けた美女路線は各局に波紋を投げかけそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
千眼美子、台湾で見せた「肉体の激艶変化」に男性ファンが騒然!
2
石田ゆり子が結婚できない理由はペットにあらず!本当の原因は別だった?
3
デカすぎる!本田翼、美バスト披露でメイキング映像にアクセス殺到!
4
鈴木愛らとバチバチ!「しぶこ」が同組で無視される“緊迫バトル”全貌とは?
5
日テレ水卜麻美、リバウンド指摘もファンから上がった「歓喜の声」!