女子アナ

「平成のアイドルアナ」30年史(4)カトパン、大江麻理子、田中みな実…ブレイクアナに共通点が

 2010年に入ると08年入社の“カトパン”こと加藤綾子の時代が訪れる。12年4月から「めざましテレビ」(フジテレビ系)の女性メインMCに抜擢され、一気にブレイクした。高島が5連覇した「好きな女性アナウンサーランキング」でも11年と12年にかけて連覇。2010年代前期において女子アナ女王として君臨した。そしてこの時期、他局ではテレ東の大江麻理子アナ(01年入社)、そしてTBSの田中みな実(09年入社)らの活躍も目を引いた。

「実はこの3人を含め、10年以降に人気の出た女子アナにはある共通点があるんです。それは“バラエティ番組で芸人と共演し、素の自分を出している”こと。中でも加藤のバラエティ番組での仕切りはおみごとの一言でした」(芸能記者)

 カトパン政権に待ったをかけたのが、日テレの水卜麻美アナ(10年入社)。「ヒルナンデス!」で見せた食リポでの“食いしん坊キャラ”が人気を呼び、一日テレの看板アナへ。「好きな女性アナウンサーランキング」で13年から5年連続で女王に輝き、高島彩に続くV5を達成するまでの人気女子アナへと成長したのである。

 さて、これら一連の人気アイドル女子アナだが、その多くはミス・キャンパス出身者だったり、女性ファション誌のモデルを経験した人がほとんど。彼女たちはタレント活動を行っていたものの、アイドルではなく、女子アナになってからアイドルになった人たちだ。

 ところが、ついに元・アイドルが女子アナとして採用されるという画期的な出来事が起こる。04年に日テレに入社した脊山麻理子だ。「彼女は高校生の頃から芸能活動をしており、99年にはグラドルとして男性週刊誌のグラビアを飾った。いわば生粋のアイドルアナと言えます。この1年後の05年には、フジに平井理央が入社。平井は高校生時代にテレ東の『おはスタ』のマスコット『おはガール』の一員として活躍し、ファッション雑誌『ピチレモン』の専属モデルになるなど、アイドルとしても立派な経歴を誇っていました」(週刊誌記者)

 そしてこの元アイドルから女子アナになる流れで、超大物が登場し、世間の度肝を抜くことに。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旅サラダ」の宿命!神田正輝9月降板で「次のターゲット」はいよいよ勝俣州和
2
阿部監督の苦悩…巨人・新外国人モンテスの快音デビューをかき消す2軍投手陣「連続炎上事件」
3
藤浪晋太郎が乱入!阪神エース・才木浩人のインスタライブで岡田彰布監督をイジリ倒した
4
巨人・阿部監督が不満ブチまけ!「門脇誠より新外国人モンテス」正遊撃手争いの厳しい現実
5
オリックスで塩漬けのT-岡田を阪神・岡田彰布が「選手兼任コーチ」で引き取るって!?