女子アナ

女子アナ“偏愛”座談会~三田友梨佳の“ご意見番化”がはらむ「危うさ」~

(A=女子アナウオッチャー・たなか是政氏、B=番組制作会社スタッフ、C=写真週刊誌記者)

A 4月の大改編から1カ月が経ったフジテレビですが、女子アナたちの働きぶりはどうでしょうか?

B 注目は、夕方の「Live News it!」(フジテレビ系)のメインキャスターに就任したフジOGの加藤綾子でしたが、仕事ぶりは今いちピリッとせず視聴率も苦戦中。一方で評価を上げているのは、夜の「FNN Live News α」のメインを務める三田友梨佳ですね。

C 「直撃LIVE グッディ!」時代から、ニュースの本質を突くミタパンのド正論コメントには定評がありましたが、そのキレがますます増しています。

B 彼女のコメントに10秒以上も尺を取ることもありますから、上層部が期待しているのは、まさにそこであることは間違いないでしょう。カトパンにはできない芸当ですね。

A 最近では特に、5月15日、自民党が「失言防止マニュアル」を配布したニュースを受けての、「必要なのはマニュアルではなく判断力なのではないでしょうか。言っていいことと悪いことの判断は、誰かに言われてではなく、みずから責任を持っていただきたいです。マニュアルが必要になる時点で、国会議員の資質とはいったい何なのか考えてしまいます」とのコメントが絶賛されていますね。これも実に、約20秒間にわたるものでした。

B 女子アナとしては異例の仕事ぶりであることは間違いないでしょう。ただ、あのコメント力は、「グッディ!」で安藤優子に鍛えられた、ということになっていますが、はたしてそうなんでしょうか?

C 鍛えられたというより、軽率で偏った発言で炎上騒ぎを何度も起こしている安藤を反面教師にしてきた、というのはあるでしょう。白血病を公表した水泳の池江璃花子選手への「池江選手は見た目も可愛らしいから、神様が試練を与えたのでしょう」など、最近の安藤の空気の読めないコメントは、本当にヒドいですからね。

A ただ、ミタパンのあまりにストレートな物言いは、一歩間違うと、安藤以上の炎上を巻き起こす可能性もありそうですね。

B 視聴率の低迷に歯止めがかからないフジとしては“それでもまずは数字を取ってくれ”ということなのかもしれませんね。

(露口正義)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
2
テレ東・田中瞳、「WBS」生放送中に映りこんじゃった!?スカートの奥の奥
3
「着飾る恋」川口春奈&横浜流星の「マッパ温泉シーン」で苦情が飛び交ったワケ
4
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
5
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”