女子アナ

女子アナ“偏愛”座談会~三田友梨佳の“ご意見番化”がはらむ「危うさ」~

(A=女子アナウオッチャー・たなか是政氏、B=番組制作会社スタッフ、C=写真週刊誌記者)

A 4月の大改編から1カ月が経ったフジテレビですが、女子アナたちの働きぶりはどうでしょうか?

B 注目は、夕方の「Live News it!」(フジテレビ系)のメインキャスターに就任したフジOGの加藤綾子でしたが、仕事ぶりは今いちピリッとせず視聴率も苦戦中。一方で評価を上げているのは、夜の「FNN Live News α」のメインを務める三田友梨佳ですね。

C 「直撃LIVE グッディ!」時代から、ニュースの本質を突くミタパンのド正論コメントには定評がありましたが、そのキレがますます増しています。

B 彼女のコメントに10秒以上も尺を取ることもありますから、上層部が期待しているのは、まさにそこであることは間違いないでしょう。カトパンにはできない芸当ですね。

A 最近では特に、5月15日、自民党が「失言防止マニュアル」を配布したニュースを受けての、「必要なのはマニュアルではなく判断力なのではないでしょうか。言っていいことと悪いことの判断は、誰かに言われてではなく、みずから責任を持っていただきたいです。マニュアルが必要になる時点で、国会議員の資質とはいったい何なのか考えてしまいます」とのコメントが絶賛されていますね。これも実に、約20秒間にわたるものでした。

B 女子アナとしては異例の仕事ぶりであることは間違いないでしょう。ただ、あのコメント力は、「グッディ!」で安藤優子に鍛えられた、ということになっていますが、はたしてそうなんでしょうか?

C 鍛えられたというより、軽率で偏った発言で炎上騒ぎを何度も起こしている安藤を反面教師にしてきた、というのはあるでしょう。白血病を公表した水泳の池江璃花子選手への「池江選手は見た目も可愛らしいから、神様が試練を与えたのでしょう」など、最近の安藤の空気の読めないコメントは、本当にヒドいですからね。

A ただ、ミタパンのあまりにストレートな物言いは、一歩間違うと、安藤以上の炎上を巻き起こす可能性もありそうですね。

B 視聴率の低迷に歯止めがかからないフジとしては“それでもまずは数字を取ってくれ”ということなのかもしれませんね。

(露口正義)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス