芸能

天才テリー伊藤対談「由美かおる」(4)由美さんは王道のスターなんですよ

テリー 3月には、なんと37年ぶりのオリジナルアルバム「Jewel Box」が発売されましたね。僕も聴かせていただきましたけれど、声が全然変わらないですね。驚きましたよ。

由美 え、本当に? うれしい~。

テリー どうしてまた、このタイミングで作ろうと思ったんですか。

由美 私は歌って踊ってでデビューしましたし、これまで何十枚もレコードを出してきましたので「自分は歌手だ」という意識があるんです。でも、ずっとお芝居や司会、西野流呼吸法の講演など、歌以外のお仕事をいただいていたせいもあって、歌のお仕事から少し遠ざかっていたところがありまして。

テリー ああ、由美さんとしては、そこまでの思いがあったんですね。

由美 はい。で、お仕事でパリに行った時に、街角ですてきな女性がアコーディオンを弾いていたんです。それを見て「わぁ、すごくいい音色だな」って感動しながら、自分が小学校の時に少しアコーディオンを習ったことを思い出したんです。そこからもう一度弾きたくなって、帰国してから練習を始めたんです。「そのうち、CDを出せたらいいな」なんて考えながら。

テリー それで今回、由美さんがアコーディオンを弾いている曲が入っているんですね。

由美 そうなんです。最初はアコーディオンの弾き語りをやればいいかな、と思っていたんですが、スタッフから「どうせなら新曲を作りましょう!」という話が出て、新曲4曲、セルフカバーが2曲という構成になりました。

テリー 僕としては名曲「いたずらっぽい目」のカバーがうれしかったです。今回は歌い方もつやっぽくて、大人の雰囲気が存分に感じられましたよ。

由美 よかった。こういう雰囲気の曲調だと、若い頃にはちょっと歌えなかったでしょうね。実際、今回のボーカル録りも「もっとうまく歌えるんじゃないか」って何度も何度も録り直して、完成までに6カ月かかりました。

テリー 時間をかけただけのことはありますね。近々この歌が生で聴けるライブやディナーショーみたいなものは予定されているんですか。

由美 はい、今準備をしているところです。

テリー それは楽しみだなァ。しかし、今日お会いしてあらためて思ったんですけど、やっぱり由美さんは王道のスターですよ。なんていうのかな、スターのオーラをここまで感じさせてくれる方って、今はそうそういませんからね。

由美 そうですか? 私自身は、ただいつもワクワク生き生き、みずみずしい存在でいたい、「生涯青春」でありたいと思っているだけなんです。芸能界にはいますが、皆さんと同じ一人の女性だと思っています。

テリー ウソですよ、だって由美さん、コンビニなんか行かないでしょう。

由美 行きますよ。ATMを利用したり、ヨーグルトを買ったり。

テリー じゃあドン・キホーテは? あと健康ランドはどうですか?

由美 あの、なんかゴチャゴチャして人気のあるところ? 前を通ったことはあります。健康ランドって何?

テリー アハハハ、さすがは由美さん。番組のロケなんかでいろんなところへ連れて行ってあげたいな。どんなリアクションをするか楽しみだなァ(笑)。

◆テリーからひと言

 プロポーションだけじゃなく、デビュー時から意識や純真さが変わってないのが、本当にすばらしい。企画を考えるので、一緒にディズニーランドやドン・キホーテに行きましょう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
老化でもう限界!?太川陽介、バス旅で犯した「致命的なミス」とは
2
加藤綾子が「フッた男」「フラれた男」(中)相手にもされなかった“大物俳優”
3
加藤綾子が「フッた男」「フラれた男」(上)人気下落を生んだ過去の“大本命”
4
加藤綾子が「アナザースカイ」で語れなかった“中3でホストと交際”過去
5
裏で1人でヤッてた!?「テラスハウス」史上最悪の展開にネットが大荒れ!