スポーツ

応援歌「お前」自粛騒動で批判が殺到する中日の“踏んだり蹴ったり”

 世の中、どうでもいいことで揉めることがよくある。中日ドラゴンズの応援歌に「お前」の歌詞があることから、その応援歌が自粛となったことが賛否を呼んでいる。

 コトの発端は、与田剛監督が私設応援団が使用しているピンクレディーの「サウスポー」の替え歌の「お前が打たなきゃ誰が打つ」について「“お前”ではなく名前でよんでもらえないか」と球団側に相談。球団が応援団に要請したことに始まる。

「球団は応援団側に歌詞の変更という形で打診したそうなのですが、話し合いの末、急な歌詞変更は無理とのことで、演奏の自粛が決まったという。“お前”について与田監督は“子供の教育上よろしくない”という持論を持っており、これに同調する声もあるのですが、怒ったのが熱烈な中日ファンで落語家の立川志らく。7月2日、『ひるおび!』に出演した際にこの話題が取り上げられるや、『敬愛する与田監督、親愛なるドラゴンズ球団、お前たちがおかしいよ』とし、子供への影響についても『ちょっと教えればいいだけ』、さらに『ドラゴンズファンはどんどん歌うべき』と痛烈に批判したんです」(テレビウオッチャー)

 加えて7月3日の「とくダネ!」(フジテレビ系)での小倉智昭などには、リーグBクラスで低迷する中日だけに「そんなことより、もっと強くなることを考えた方がいい」と一蹴される始末。

「そうした批判が出る最中、中日にとって痛すぎたのは自粛発表後の2日の巨人戦。その試合では、自身の応援歌の歌詞にも含まれる“お前”について、サラリと“気にしない”とした坂本勇人にダメ押しのソロホーマーを打たれ、6対0の完封負けを喫してしまった。自粛が叩かれたうえに、自粛してみじめな負け方ですから、まさに踏んだり蹴ったりですよ」(スポーツ紙記者)

 その翌日も、中日は巨人にサヨナラ負け…。ファンの鬱憤は溜まるばかりだ。

(津田昌平)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
2
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”
3
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
4
太川陽介のバス旅を超える?復活が待望される「テレ東旅番組」はこんなにある!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々