スポーツ

応援歌「お前」自粛騒動で批判が殺到する中日の“踏んだり蹴ったり”

 世の中、どうでもいいことで揉めることがよくある。中日ドラゴンズの応援歌に「お前」の歌詞があることから、その応援歌が自粛となったことが賛否を呼んでいる。

 コトの発端は、与田剛監督が私設応援団が使用しているピンクレディーの「サウスポー」の替え歌の「お前が打たなきゃ誰が打つ」について「“お前”ではなく名前でよんでもらえないか」と球団側に相談。球団が応援団に要請したことに始まる。

「球団は応援団側に歌詞の変更という形で打診したそうなのですが、話し合いの末、急な歌詞変更は無理とのことで、演奏の自粛が決まったという。“お前”について与田監督は“子供の教育上よろしくない”という持論を持っており、これに同調する声もあるのですが、怒ったのが熱烈な中日ファンで落語家の立川志らく。7月2日、『ひるおび!』に出演した際にこの話題が取り上げられるや、『敬愛する与田監督、親愛なるドラゴンズ球団、お前たちがおかしいよ』とし、子供への影響についても『ちょっと教えればいいだけ』、さらに『ドラゴンズファンはどんどん歌うべき』と痛烈に批判したんです」(テレビウオッチャー)

 加えて7月3日の「とくダネ!」(フジテレビ系)での小倉智昭などには、リーグBクラスで低迷する中日だけに「そんなことより、もっと強くなることを考えた方がいい」と一蹴される始末。

「そうした批判が出る最中、中日にとって痛すぎたのは自粛発表後の2日の巨人戦。その試合では、自身の応援歌の歌詞にも含まれる“お前”について、サラリと“気にしない”とした坂本勇人にダメ押しのソロホーマーを打たれ、6対0の完封負けを喫してしまった。自粛が叩かれたうえに、自粛してみじめな負け方ですから、まさに踏んだり蹴ったりですよ」(スポーツ紙記者)

 その翌日も、中日は巨人にサヨナラ負け…。ファンの鬱憤は溜まるばかりだ。

(津田昌平)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」