スポーツ

朝乃山と炎鵬、「名古屋場所注目の2大力士」を大研究クローズアップ!

 7月7日の七夕に初日を迎えた大相撲名古屋場所。白鵬と鶴竜の両横綱による優勝争いに注目が集まる中、令和初の賜杯を掲げた平幕の朝乃山(25)と幕内最軽量の炎鵬(24)にひときわ大きな声援が送られている。

 まずは朝乃山。五月場所の快進撃は記憶に新しい。西の前頭8枚目ながら12勝3敗で初優勝。三役経験のない平幕力士に限れば58年ぶり、富山県出身力士では103年ぶりの快挙だった。

 スポーツ紙相撲担当記者が話す。

「相撲の名門・近畿大学出身だけにほぼ完成形で、ここからは得意の右四つをどう磨きあげていくか…。その表れのひとつが学生時代からあこがれの白鵬の元への出稽古。7月1日の三番稽古(何番も続けて行う稽古)ではいきなり左上手を引いて寄り切り。白鵬が『おっ~』と声を出し、ニヤリとしたからね。結局、8連敗を含む2勝9敗だったが、白鵬を本気モードにさせ、『久しぶりに重い、強い、勢いのある、一番脂の乗った力士と稽古できた。気持ちいい』と絶賛させた」

 最後の一番では、白鵬が本場所中に封印することもある得意の張り手を右ほほに炸裂させたが、

「突きや押し相撲相手への立ち合いのアドバイスにも映った。KOを食らった朝乃山も、稽古後に白鵬から右手を差し伸べられると、相撲少年のような顔つきで両手で応じ、謝意を伝えていた。これを機会に、ひじを巧みに使う回しの切り方や巻き返しなどの高等テクニックを教えてもらうことになりそう」(前出・記者)

 朝乃山旋風がふたたび吹き荒れてもおかしくない。

 そして平幕の人気力士といえば、東の前頭14枚目の炎鵬。令和元年五月場所の幕内力士の平均体重が163.9キロ。大型化が顕著だが、その中で体重99キロの炎鵬の戦いぶりは見逃せない。

 前出の記者によると、

「注目の一戦は、204キロの巨漢・魁聖戦でしょう。東の前頭15枚目とはいえ、春場所は前頭筆頭の実力者。体重差100キロ超のハンデ戦で、腰の重い魁聖を投げることは難しくても、サイドから攻めて転がしてほしい(笑)」

 7月9日発売の「週刊アサヒ芸能」7月18日号では朝乃山と炎鵬の2大注目力士をクローズアップ。名古屋場所の展望を伝えている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
そのうち死者出る!?人気YouTuberシルクロードの明かした病状が激ヤバ!
2
逮捕に涙でも…片瀬那奈、沢尻エリカと“クラブ同席動画”拡散の大トバッチリ!
3
蛭子能収より“クズ!?スギちゃんの「ポンコツ言動」
4
アイドルプロデュース、「勝ち組」はクロちゃんよりもあの元NMB48メンバー!?
5
名倉潤、うつ病から仕事復帰も原田泰造「楽屋の温度問題」言及に懸念の指摘