女子アナ

「ノーサイド・ゲーム」好発進も不安はかつてのマドンナを演じる川田裕美!?

 大泉洋主演の日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」(TBS系)が7月7日にスタートし、初回の平均視聴率は13.5%と幸先のいい船出となった。

 物語は、大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋隼人(大泉)が、上司主導の企業買収に異を唱えた結果、左遷人事で府中工場に総務部長として赴任することから始まる。それはすなわち、同社の弱小ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務することだった。

 低迷するラグビー部と、出世の道を絶たれた君嶋の再起をかけた戦いを描いている。同局で1984年に山下真司主演で放送され、平均視聴率15.8%と大ヒットした「スクールウォーズ」を想起させ、また、今年9月20日から日本で開催される「ラグビーワールドカップ」に向けて、ラグビー熱の高まりを予感させるとして、期待が集まっているようだ。

 ただ、視聴者を残念な気持ちにさせているのが、柴門シオリを演じているフリーアナウンサーの川田裕美だ。

「柴門は、君嶋の大学時代のマドンナで、恋心を寄せていた存在。それを川田が演じていることに視聴者からは『なんでアナウンサー出すんだろ。女優たくさんいるんだからちゃんとした人使ってほしい』『川田になんてあこがれない』『川田がマドンナは大袈裟』『川田アナが出るとなんかシラケる』などの不満が噴出しています」(テレビ誌ライター)

 これまで「半沢直樹」「下町ロケット」「陸王」で実績のある池井戸潤原作の今作。はたして、「ノーサイド・ゲーム」も人気作品となるのか。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
4
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」