スポーツ

評論家ペナント予想、西崎幸広「洗練予想」

「今年のパ・リーグは大型トレードなどで戦力図ががらりと変わり、去年の上位と下位に戦力の差はほとんどない」。こう語る西崎幸広氏は、パで巻き起こる下克上を予想した。

 昨年は西武との熾烈な優勝争いを制した日本ハムだが、西崎氏はAクラス入りを微妙だとしている。

「糸井と田中賢介がチームを抜けたのは大きいですよ。ともに3割バッターで、貴重な得点源だったんですから」

 戦力ダウンで、昨シーズンのような打線は期待できないということだ。

「主力選手が抜けたといえば、西武もそうです。中島の穴はあまりにも大きい」

 そんな上位2チームとは対照的に、西崎氏はオリックスの躍進を予測した。

「オリックスは糸井の他にも巨人から東野、ソフトバンクから馬原、阪神から平野と、トレードやFAで大幅な戦力補強に成功した。去年に比べて投打ともに選手の層は段違いに厚いですね」

 昨シーズンは最下位と苦汁をなめたチームも選手層を見れば、今や日本ハムをしのぐ勢いで、堂々の2位予想。また、西崎氏は今年はオリックス以外にも、下位からの逆襲を果たすチームとして楽天をあげる。

「楽天は昨シーズンに球団新記録となる22セーブをあげた青山と、安定した投球を見せるラズナーがいて、抑えがしっかりしているので、打線がうまく機能すれば間違いなくAクラス入りでしょう」

 その打線には、ジョーンズ、マギーというメジャーの大砲を獲得。田中を中心とした鉄壁の守りで、Bクラスから一転、優勝争いに臨むのだ。

 パの混戦を予想したうえで、「それでもソフトバンクは頭一つ出るのではないでしょうか」とする西崎氏だが、あらためてこう付け加えた。

「今年は本当に順位をつけるのも困難なほどの混戦でしょう。ただ確実に言えるのは、去年の上位と下位がひっくり返るようなシーズンになるはずです」

 一方のセは、やはり巨人の優勝で堅いようだ。

「阿部の膝の状態は気になりますが、坂本、宮國や澤村といった若手の選手層も厚いので、心配はいらないでしょう。若手とベテランがうまく融合していますね」

 2位には、昨年5位に終わったダメ虎の汚名返上を予想する。

「メジャー組の福留、西岡がチームに加入することで、伊藤隼太、俊介、上本といった若手のポジション争いが激しくなり、おのずとチームの士気も上がるはずですからね」

 そして西崎氏が「不気味なチーム」と語るのはヤクルトだ。予想は4位ながらも、それ以上の評価だ。

「ヤクルトはそれほどのスター選手がいなくとも、毎年のようにAクラス入りを果たしてしまう。今年も間違いなく上位争いをすると思います」

 3位予想の中日も新エースの浅尾を右肩のケガで欠き、開幕に不安を残すなど、両リーグともに地殻変動を起こしそうなシーズンなのである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「おかあさんといっしょ」上原りさの「卒業」でパパたちの楽しみが消滅!?
2
高橋真麻、視聴者が絶賛した「ZOZO前澤氏ツイッター休止」への痛烈指摘!
3
清水富美加と結婚させられそうになった!?大川隆法長男「独白」報道の衝撃
4
ダレノガレ明美「ドナー登録呼びかけ」への批判が“特に厳しかった”理由
5
池江璃花子「白血病パニック」のドミノ倒し波紋(1)そっけなく「頑張りなさい」