スポーツ

ペナントレース、日本一早い「タイトル争い」大予想

 優勝争いとともに楽しみなのが個人タイトルだ。今シーズンはここでも波乱の予感。キャンプ、オープン戦の取材をもとに、本誌が個人タイトルの行方を占ってみた。

 まずは最多勝部門だが、WBC組は出遅れが予想される。スポーツライターの美山和也氏は、ヤクルト・館山を本命に推す。

「今季のヤクルトは先発投手陣が充実している。そのため、館山は昨年のように無理やり巨人戦ばかりに登板する必要がなくなります。下位チームから白星を積み重ね、2度目の最多勝を獲得する可能性は高い」

 一方のパ・リーグでは近年、エース同士の直接対決が組まれるケースが多いために潰し合いが起こり、エースが最多勝を獲得することが難しくなっている。

 そこで意外な名前が浮上した。

「昨年の開幕時はエースと呼べる存在でなかった日本ハム・吉川が最多勝に輝いたことを考慮すると、今季はここまでキャンプ、オープン戦で著しい成長を見せている楽天・辛島に注目したい。課題とされたスタミナ不足も克服し、本格化の気配を見せていますからね」(美山氏)

 セの打撃部門は、今年も巨人・阿部が中心となる。有藤氏が言う。

「昨年、あと一歩で逃した三冠王を獲得できるかどうか注目したい。彼の打撃センスからして、一度は三冠王を獲得するのではないかと見ています」

 とはいえ、本塁打部門では、DeNAに移籍したブランコが阿部の強力なライバルとなる。

「ブランコは4番か5番を打つことになりそうですが、後ろにラミレス、多村といった打者が控えている。中日時代のような、四球覚悟のボール攻めが少なくなり、本塁打を量産する環境は整っています。おまけに、ハマスタは狭い球場ですからね」(美山氏)

 パは、西武・中村剛也の出遅れがあり、日本野球に慣れたソフトバンクのペーニャが本塁打王の本命だ。

 打点王はロッテ・井口。1番か2番に昨年の首位打者・角中、3番に今江が定着すれば、チャンスでの打席が多くなる。勝負強さは健在だけに、コツコツと打点を稼いでいく可能性が高い。

 最後に、パの新人王に関して、期待を込めて有藤氏がこう語る。

「先発と打者の二刀流は、体力的に不可能です。しかし、リリーフと打者の二刀流なら、どちらでも能力を発揮できると思います。これが実現すれば、私の新人王本命は大谷翔平です」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
まるでコント?劇場版コード・ブルー「流血シーン」続出にドン引きの声も
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
安室奈美恵が明かしたオフの過ごし方に「浜崎あゆみと大違い」と称賛の声!
5
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!