スポーツ

大谷翔平を「オモシロイ人」に引き上げた“カンペ発言”って!?

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平が「冗談」を言うようになったという。いわゆるアメリカンジョークということらしいが、いったいどういうことか。特派記者が言う。

「大谷は米国人メディアだけの囲み会見にも応じています。でも、通訳が一緒にいなければ通じないことのほうが多かったんです。このままではいけないと思ったのでしょう、必至に英会話をマスターしようとしています」

 大谷の通訳とは、水原一平氏。大谷の注目度が高まるにつれ、「常に一緒に同行している人」「二刀流を支えているスタッフ」として、米メディアでも紹介されている。

 2人の関係はもちろん良好だが、大谷の英会話をマスターしたいという向上心を尊重し、水原氏が少し離れたところから会見を見守るシーンも増えてきた。

「英語の質問がわからなくなると、水原氏が駆け寄ったりしています。あるいは、大谷が水原氏のほうを見て助けを求めたりね」(前出・特派記者)

 だが、「所変われば、品変わる」ではないが、こうした大谷のしぐさがジョークに見える時もあるそうだ。英会話がきちんと成立しなかったとき、大谷はあわてて、「チートシート、ナッシング」と言うそうだ。チートシート(cheat‐sheet)とは、要するにカンペのこと。米メディア陣は大谷のチートシート発言をこう捉えているそうだ。

──プレーに関する質問を受け、それは答えにくい内容だった。だから、「カンペがないから、わからない」と、ジョークを言って切り返してきた、と。で、米メディアはユーモアと捉え、大ウケしたという。大谷も何でウケたのかわからなかったが、これがアメリカンジョークなんだと認識したそうだ。英会話が成立したあとも、「できた、やったゼ!」の意味で、「チートシート、ナッシング」と言うと、米メディアはプッと吹き出すこともある。

 米メディアは「大谷はアメリカンジョークを言うようになった」と捉えているそうだ。

「試合中も選手と会話をする時間が長くなりました。大谷の英会話力は間違いなく、上がっています」(前出・特派記者)

 日本人メディアがそんなベンチでの光景を見掛け、「何を話していたの?」と聞いても、大谷は、「まあ、いろいろと…」とはぐらかすだけだそうだ。本当は会話が成立していないのでは?との疑念も抱いてしまうが…。いずれにせよ、大谷はメジャーリーグ・ライフをエンジョイしているようだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋