エンタメ

武論尊、北斗の拳「本宮と組むのは絶対に嫌だ」

──そんな女性観が作品に活きてる気がしますよね。

武論尊 ハハハハ! だから嫌う人は徹底的に嫌いますね。特に女性の作家は、「女性をもの扱いしてる。奴隷みたいな、男の言いなりになる女性しか書いてないんじゃないか」って。だから結構女性蔑視があるんじゃないかっていう評価をする人はいますけど、怖いんですよ。どう扱ったらいいかわかんないんですね。

──あと意外なのは、「ドーベルマン刑事」連載以前に精神的に追い込まれて壊れたことがあったって話で。

武論尊 そうですね。その時にもう完全に自律神経失調症で。そのあと、「サンクチュアリ」の時もこのまま書いてたら絶対に俺は潰れちゃうなと思って、連載を中断して逃げたんですよ。半年休ませてくれって言って北海道の牧場に。その時、本宮から電話がかかってきて、「サンクチュアリ」を誉めてくれて。

──そういうのって‥‥。

武論尊 初めてです。この仕事で初めて本宮に誉められて、これはホントうれしかったですよ。この仕事やってよかったっていうぐらいの瞬間だったですね。

──そのへんがまたホ〇ソーシャルな関係というか、怪しいところですよね。

武論尊 あいつはどんな気持ちで言ったか知らないですけどね。やっぱり1回頂点に立ったりとか、ある程度名前が出ると落とせないんですよ。「あいつもう終わった」って言われるのが一番嫌なんで。自分のなかで終わったなと思ったら自分で幕を引きたいっていうのがあるから。自分のなかではあと1~2本、もう1本池上先生といいものを書いて、それを最後にしたいかなっていうのはあるね。

──「最後に本宮と組んでみたい」みたいなのは?

武論尊 これが不思議なんですけど、本宮とは組むのは絶対に嫌なんですよ。だってお互いがお互いの才能を全部見せ合うんですよ、原作書くってことは。俺、嫌ですもん。本宮が「おまえ、こんなもんしか書けねえの?」って言った瞬間、俺そこで終わりますから。俺が本宮に「俺の原作をおまえこれしか絵にできねえの?」って言った瞬間、やっぱり終わりですよ。それはやっちゃいけないと思うから。ましてや俺より絶対にオリジナリティあるじゃないですか。俺、自分よりオリジナリティがある漫画家さんと組んでも意味ないと思ってるんで。自分の足りないところを思い知らされそうで嫌ですね(笑)。

 

プロインタビュアー 吉田豪

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題