芸能

天才テリー伊藤対談「山下真司」(4)滝沢先生って役者人生の宝物ですね

テリー あと、山下さんは「くいしん坊!万才」のイメージも強いですね。

山下 はい、俳優さんが出演するグルメ番組のはしりですよね。当時は都内のスタジオで缶詰め状態のまま仕事をしていたので、「外の空気を吸って、うまいもの食って、ちょっと遊べるのかな」みたいな気分で引き受けたんですが‥‥。

テリー あれれ、違ったんですか。

山下 初回の収録が石川県で、夜、飯を食べた時に横にいた女の子に話しかけたんですよ。そしたら、すぐそのことが代理店にバレてしまって、「山下、お前“夜のくいしん坊”になったらダメだぞ」と釘を刺されまして(笑)。

テリー ワハハハ、いかにもアサ芸がつけそうなキャッチですよ!

山下 だから僕、4年間日本中を周りましたけれど、1回も遊べなかったです。そんなに甘い世界じゃないんですよ。「太陽にほえろ!」の時もそうでしたし。

テリー 同じようなことがあったんですか?

山下 鹿児島ロケの時に独りで夜遊びに行ったんですが、部屋に帰ったらプロデューサーにめちゃめちゃ怒られましたよ。「お前は『太陽にほえろ!』株式会社に入ったのと一緒なんだぞ。看板背負っているんだから、勝手な自由行動はするな。問題を起こしたら本当にぶっ殺すぞ!」みたいな感じで言われて。

テリー まさにスポ根の世界だ(笑)。ところで「スクール☆ウォーズ」に、「俺はこれからお前たちを殴る!」と言って、滝沢先生がラグビー部員を殴っていく有名なシーンがありますよね。あれは実に感動的なシーンですけど、今の時代だと通用しないかもしれないですよね。

山下 行為そのものとしては問題かもしれませんが、あれはお互いに信頼関係を築いたうえでのやり取りなので、僕はアリじゃないかと思います。本当に大事なやり取りならば、殴る側もケガをさせるほどブン殴らないでしょうし、殴られたほうも恨みに思ったりしないと思うんです。

テリー 僕は今、「スクール☆ウォーズ」みたいなドラマがまた求められる時代が来ているんじゃないか、と思うんですけれど。

山下 ほとんどの人って、何かしらのコンプレックスを抱えていると思うんですね。ましてや今の10代の若者たちは、なかなか人生の目的を見つけられないんじゃないでしょうか。今の学校教育は勉強第一、落ちこぼれたらもうおしまいという感じですよね。でも、そうじゃないんですよ。例えばスポーツを通して仲間を作れば、お互いに切磋琢磨しながら人間として成長することができる。「スクール☆ウォーズ」はそういう、人の優しさを教えるドラマだと思うんです。

テリー そうですね。

山下 だから僕ら役者は、ものすごくやる気になったし、責任も感じました。昨日会ったファンの方に「あのドラマがあったから今日の僕があります」みたいなことを言われましたが、そういう人に夢と希望を与えてくれるドラマって、まだまだみんな求めていると思うんですよ。たまに「熱血なんて時代遅れ」と言われますけど、そういう思いに「時代」なんて関係ないですからね。

テリー すっかり滝沢先生の調子になっていますけど(笑)、山下さんにとってこの作品は、まさに役者人生の宝物になりましたね。

山下 はい、この作品と出会えて幸福でした。今度DVDボックスも出ますので、ぜひあらためて、そのすばらしさに触れていただければ、と思います。

◆テリーからひと言

 ほら、おもしろい話だらけだったじゃない(笑)。しかし、滝沢先生を地で行く熱い人だな。だから山下さんの役者人生を代表するハマリ役になったんだよ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3メートル近い大刀を振り回した体重250キロの巨漢武将「織田・徳川連合軍との激戦」
2
巨人阿部監督「宮崎キャンプ」でファンへの塩対応
3
スタンフォード大学入りする佐々木麟太郎が目指すのは大谷翔平ではなくあの「世界No.1ゴルファー」
4
宇都宮ライトレール「快速運転開始」で聞こえる「住みたい街ランキング4位」宇都宮市の高笑い
5
旧ジャニーズ勢「12番組全切り」で経費ガッツリ削減も…ラジオ放送を取り巻く厳しい実情