芸能

太田光、N国・立花党首に「テレビで会おう!」絶叫で「マツコの勝ち」の声

 相手にしてるのは1人だけ?

 約1カ月前に「マツコをぶっ壊す」と「TOKYOMX」の局の前に押しかけたことがきっかけで世間を騒がせた、「NHKから国民を守る党」ことN国の立花孝志党首。その言いたい放題ぶりや、YouTubeを使った手法が引き起こした「崎陽軒不買運動ブーメラン」もなんだか懐かしいここ最近。「この人と関わりあってもしょうがない」と、日本中の人がシンクロしたかのように、ほとんど巷では話題にならなくなっている。ただ1人を除いては…。

 その人物こそ、「マツコと違って数字がないから(批判しない)」と立花党首に“挑発”された格好で、半分冗談、半分激怒といった感じでバッシングコメントを発言しまくっている爆笑問題の太田光だ。

 9月1日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)で太田は、「ボクが会いたいって言ったんですよ。会いたいって言ったらどこでもよいと、テレビで会おうってボクは思うわけです」と立花党首へメッセージをスタート。続けて、「とにかくね、日本の民放のテレビを舐めるな!テレビはお前を無視しないから!明日もどうせマツコのとこへ行くんだろうけど、そんなの見て見ぬふりなんてしないし、テレビの報道局ってのは自主性もあるし!報道キャスターもみんなコメントするからね。ぜひ、地上波で会おう」とラブコールと言えそうなコメントをまくし立てた。

「その後、下半身ネタを加えて、相方の田中裕二から『やめなさい!』とオチをつけられていましたが、太田さんは本気で呼びたいようですね。とにかく立花党首をやり込めたい気持ちが伝わってきます。立花党首は高須克弥院長とネットで会談はしていましたが、太田は相手の土俵より全国ネットのテレビで立花党首の本性を剥がしたいという考えでしょうね。この太田の“口撃”に、SNS上でも『太田やるじゃん』『これを言えるのが太田しかいないのがナサケナイ』とエールを送られています。つまり、テレビ界が立花党首を見て見ぬふりをしていると不満を抱いている人が太田さんを支持しているようなんです」(エンタメ誌ライター)

 が、その一方で立花党首をテレビに担ぎ出したい太田の熱が上がれば上がるほど、最初の“被害者”マツコ・デラックスの「勝ちが確定」「マツコの勝ちじゃん」という声が増えてきているとか。

「実は、立花党首の国会議員にあるまじき常軌を逸したマツコ攻撃で、十分その“アブない正体”はわかったというのが世間の一致した考えのようです。多くは立花党首を面倒なクレーマーとしかもはや見ていませんし、N国に入党した丸山穂高議員に対しても同様です。そんな人たちは無視するに限る。まさに今のマツコさんは完全にそのスタンス。毎週月曜に、マツコさんが『5時に夢中!』に出演するTOKYOMXの前に押しかけられようがひたすら無視。おかげで、立花党首のトーンダウン気味になっていることを世間は感じていますからね。それを真正面からただ1人受け止めている太田さんは男らしくも映るのですが、それでも立花党首のある意味、思うツボという声も少なくないです。と、いうわけで、太田さんが熱くなればなるほど『マツコの勝ち』という声が増えているようです」(前出・エンタメ誌ライター)

 それにしても、この“人気急落”の空気を敏感に察知したら、立花党首は近いうちに太田とご対面するはず。それはネット上なのか、サンジャポなのか、まさかのNHKとか?

(山田ここ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること