芸能

広瀬すず「なつぞら」後の「ドラマ不在」には“業界の法則”事情があった!?

 女優の広瀬すずが、10月17日、都内でアンバサダーを務めるクロックス・ジャパンの「2019年秋冬キャンペーン記者発表会」に登壇した。

 今年前半は、NHK連続テレビ小説「なつぞら」のヒロインを務めた広瀬。ドラマでは北海道で育った役だったが、1週間の休みが取れたら「ずっと1カ所で撮影していて、まだ知らない北海道もたくさんあると思うので見てみたい」と語った。

ただし朝ドラ後も多忙なようで、撮影終了後、すぐに野田秀樹主催の舞台「Q」に出演。来年1月には「Last Letter」、3月には「一度死んでみた」といった映画公開が控えているのだが、気になるのは、まだ新ドラマ出演情報がないことだ。

 これについて、「朝ドラ後の仕事の入れ方は難しいんです」と言うのは、芸能レポーターだ。続けてこう解説する。

「朝ドラヒロインの印象が強く残ってしまうためか、すぐにドラマや映画に出ると大概がうまくいかないんです。2016~17年の『べっぴんさん』主演の芳根京子は放送終了から約2週間後、17年~18年の『わろてんか』の葵わかなは、約3週間後に民放ドラマがスタート。有村架純も『ひよっこ』から約1週間後に主演映画が公開されましたが、いずれも成績はイマイチでした。逆に、『半分、青い。』の永野芽郁などは、約3カ月あけて出たドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)が大ヒットしている。朝ドラ後の映画、ドラマ出演は少し間を開けたほうが得策と言われているんです」

 広瀬の場合、舞台には出たものの、映画までは約3カ月開いている。なかなかうまいやり方と言えるだろう。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
3
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ