スポーツ

松井秀喜「巨人監督強要ウラ交渉」(1)他球団に行かれたら恥だ

 国民栄誉賞を恩師とダブル受賞、そして華々しい引退セレモニー。かつて在籍した読売巨人による大イベントで、松井秀喜氏が久々に日本のファンの前に姿を見せた。だが、このオメデタイ行事はあくまで「ある野望」のために巨人がまいた餌。球団屈指のスターOBを指導者に仕立て上げるための「裏交渉」が仕組まれていたのである。

 昨年12月27日、ニューヨークで開かれた松井秀喜氏(38)の現役引退会見。その瞬間から、巨人軍の最高権力者・渡辺恒雄球団会長(86)を首謀者とする「計画」は動きだしていた。

 一発目の号砲は今年1月7日、渡辺会長の「次期監督」大放言である。

「原君のあとすぐっていうのがいないんだよ。松井君が最適だよね。早く巨人に戻ってきてもらって、多少はコーチとかやってもらうけど、大監督になってもらいたい。(日本に)帰ってきたら会うから。会って頼む」

 原辰徳監督(54)が将来的に辞任した際の「後継者」に、引退したばかりの松井氏を独断指名したのだ。これは都内ホテルでの新年互礼会出席後のコメントだったこともあり、リップサービス的な意味合いもあるかと思われたが、

「いや、大真面目ですよ。原監督のあとには松井を据えるということが、読売内部の決定事項となっている。ある幹部は『松井に他球団に行かれたら恥だ。それだけは避けねばならない』と、強い口調で話していました。実は読売の本心は、原監督を降ろしたい。理由はもちろん、昨年の1億円愛人スキャンダルですね。もうほとぼりが冷めたとの見方もあるようですが、『早くお引き取り願いたい』との声が読売内部でいまだ根強いのは事実です。ところが、最適な『次の大物候補』がいない。渡辺会長は人気、収益、読売新聞の部数アップのためにも、とにかくスターである松井を抱き込みたい」(読売グループ関係者)

 巨人のさる球団関係者も、内部の動きをこう明かす。

「最有力候補として落合博満氏(59)の名前があがり、渡辺会長も動いていたのは間違いないが、松井の引退表明直後から『落合氏の目は完全に消えた』との声が球団幹部から聞かれました。落合→松井へと切り替えたのです」

 しかし、引退後の松井氏は夫人が出産間近というタイミングもあり(今年3月に長男誕生)、アメリカから帰国する気配はなし。渡辺会長は包囲網形成のための工作活動を開始した。

 折しも松井氏引退会見直前の12月26日に自民党・安倍晋三総裁(58)が総理に就任。安倍総理は当初から「国民栄誉賞」を内閣支持率アップに使う考えを持っていたという。政治部デスクが説明する。

「渡辺会長は昵懇の間柄で、なおかつ松井と同じ石川県根上町(現・能美市)出身の森喜朗元総理(75)を通じ、安倍総理に松井の受賞を働きかけた。十分すぎる受賞資格を有しながら長らくタイミングを逃してきた巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(77)と、この機会に抱き合わせで、というプランでした。実は森氏も、松井受賞を安倍総理に強く推していたのです」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「おかあさんといっしょ」上原りさの「卒業」でパパたちの楽しみが消滅!?
2
高橋真麻、視聴者が絶賛した「ZOZO前澤氏ツイッター休止」への痛烈指摘!
3
清水富美加と結婚させられそうになった!?大川隆法長男「独白」報道の衝撃
4
ダレノガレ明美「ドナー登録呼びかけ」への批判が“特に厳しかった”理由
5
池江璃花子「白血病パニック」のドミノ倒し波紋(1)そっけなく「頑張りなさい」