芸能

天才テリー伊藤対談「中田敦彦」(4)友達少ない自慢はしちゃダメなのか

テリー あっちゃんが偉いのは、こんなに忙しい中で本もたくさん出しているんだよね。最新刊は、この「中田式ウルトラ・メンタル教本」(と本を出す)。

中田 テリーさん、真面目だ! 意外にこういうこと、ちゃんとやるタイプなんですね。

テリー そういう心配りがあるからこそ、この対談が20年も続いているわけだよ。アサ芸を出している徳間書店の本だし、しっかり宣伝しておこう。

中田 わかりました(笑)。世の中には「こういうやり方をしましょう」というノウハウが書いてある、たくさんのハウツー本があるわけですが、僕は失敗しない方法を学ぶより、失敗しても立ち上がれるメンタルを身につければ、何度も人生を楽しめると思っていて。

テリー うん、俺もそう思うよ。

中田 だから、あらゆる社会人、学生、老若男女全ての方にメンタルを整える、前向きになる方法をお届けしたいなと思って書かせていただきました。タイトルが「ウルトラ・メンタル」なので、強い人向けかと思われるかもしれませんが、副題に「好きに生きるための『やらないこと』リスト41」と付けたように、「やらないことを決める」わけですから、もっと気楽に取り組めると思います。

テリー そう言ってもさ、どうしても前向きになれない時ってあるじゃない。そういう時はどうするの。

中田 前向きになれない時って、人間は必ず言葉でそういうことを無意識の中で言っているんですよ。それを聞いて、みずからをそう思い込ませてしまう。だから、そういう時のためのテンプレートを、僕はいくつも用意しています。例えば、挫折しそうになったら「まだできることがある」、誰かを怒った時は最後に「まぁ、それは大したことじゃないんだけど」と付け加えて言ってみたり。そのひと言があるだけで、自分も相手も落ち着くんですよ。

テリー なるほどね。

中田 先ほど馬場さんの例がありましたけど、僕は心の中に常にアントニオ猪木さんを入れているんです。

テリー どういうこと?

中田 「元気があれば何でもできる」「迷わず行けよ、行けばわかるさ」っていう、ああいう言葉がいちばん大事なんです。それを言うことで、多くの人たち、あるいは猪木さん本人にエネルギーを与えてきたはずですから。僕は、新しい時代のアントニオ猪木さんになりたい、本気でそう思っています。

テリー ビンタも込みで?

中田 さすがにそういうキャラじゃないからやりませんけれど(笑)、そういう人生の処方箋になるような言葉を、この本にたくさん詰め込んだつもりです。

テリー この本に「友達少ない自慢はしない」と書いてあったよね。俺、よく言うんだよ、これ。

中田 ダメですよ、テリーさんを友達だと思ってる人は実はすごく多いんです。それなのにそんなこと言われたら、相手がショックを受けますから。

テリー 俺としては「申し訳ない」という気持ちがどこかにあるんだよね。別にふだんから何かアシストできているわけじゃないし、俺自身も人に頼ったら申し訳ないと思うしさ。

中田 それって寂しいじゃないですか。頼ってくださいよ。テリーさんに頼られたい、と思っている人、いっぱいいると思いますよ。

テリー じゃあ、これからはあっちゃんに頼ります。

中田 アハハハハ。そうしてください。今度はぜひ、YouTubeの収録もご一緒しましょう。

テリー いいね、こちらからお願いしたいくらいだ。

◆テリーからひと言

 何か悩んでいるのは知っていたけど、3年も前から準備していたなんて、すごいね。今の世界でトップを取ったら、またテレビでも大暴れしてほしいよ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
5
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス