スポーツ

各界「伝説の師弟」(3)前打撃コーチ・金森栄治→ロッテ・角中勝也

 昨年、パ・リーグ首位打者に輝き、今や千葉ロッテの顔とも言える存在の角中勝也(26)。苦節6年で大化けした陰には、前打撃コーチ・金森栄治氏(56)の存在があった。

 入団1年目の07年から一軍での出場機会を与えられた角中だが、プロの壁を破るのは簡単ではなかった。4年目の10年は18打数0安打。二軍ではコンスタントに3割をマークしていたものの、一軍ではなかなか結果を出せない日々を過ごし象を、10年から一軍打撃コーチに就任していた金森氏が振り返る。

「名前のとおり“角ばった”スイングをしていました。打撃の基本は腰を使った円運動です。彼には『名前を丸中に変えろ』などと冗談を言ったぐらいです」

 この年のオフから、角中は本格的な打撃改造に取り組んだ。金森氏が続ける。

「円運動をひと言で言うと、コンパクトなスイングで球を捉えるということです。コンパクトに振るためにはバットを短く持ち、ワキを締めることが大事。角中には常に『胴体から肘が生えている感覚でバットを振れ』と言い続けました。ワキを締めれば、自然と肘が胴体にくっつく。その状態を忘れるなと」

 言葉にすれば簡単だが、体現するのは容易ではない。角中自身も「最初は何を言われているのかわからなかった」と語っている。翌11年のキャンプ、さらにはシーズン開幕後も試行錯誤が続いた。金森理論を体得したのはこの年の夏頃。球を打つまでの始動を少し早めてみたところ、金森氏の言うコンパクトなスイングができるようになったのだ。そのかいあって、この年は初めて100打席を超え、打率も2割6分6厘をマーク。翌年の首位打者獲りへ足場を固める結果となる。金森氏は、一つのことを地道にやり続ける性格の角中だからこそ、ちょっとしたきっかけが実を結んだと指摘して、こう続ける。

「首位打者を獲った昨年も、角中は開幕二軍スタートでした。この年は僕も二軍打撃コーチだったので、彼の練習ぶりを間近で見ていた。二軍では試合前に練習をして、そのあとに昼食をとるのですが、角中はその時間にマシン打撃をする。さらに試合後もマシンを打ってから引き揚げるのが日課でした。それも闇雲に打つのではなく、スイングをきちんと確認しながらやっていました」

 この頃ミーティングで、角中が二軍選手にコンパクトなスイングを実践するためにバットを短く持つようアドバイスをしたことがあるという。

「野球界ではいまだに『短く持つと飛距離が出ない』という意見が支配的なのですが、一軍で結果を出している角中の言葉ですから若手は受け入れるかなと思ったんです。翌日はみんな短く持つようになりました。でもほとんどの選手が3日目には元に戻してしまう。一つのことをやり続けるというのは、それほど難しいことなんです」

 今季は評論家として、テレビ・新聞等で活動している金森氏だが、愛弟子の活躍はどう映っているのか?

「昨年よりもさらにベース寄りに立ち、左投手の外角球に対応するなど、打撃を進化させようとする意思が出ている。この姿勢があるかぎり、おのずと数字も付いてくるでしょう」

 自分は現役15年で580安打しか打てなかった選手ですからと謙遜する金森氏にとって、独立リーグからはい上がってきた苦労人の角中がかわいくてしかたがないといった様子だった。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え