芸能

クロちゃん、プロデューサー解任された「豆柴の大群」に未練タラタラか?

 お笑い芸人のクロちゃんが、自分の手を離れた新人アイドルグループに未練タラタラのようだ。バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)から生まれたアイドルグループ「豆柴の大群」は、クロちゃんが全権プロデューサーとしてメンバーを選出。時にはハラスメントまがいの態度で迫り、「スキップしながら唾かけて♪」といった謎の歌詞でメンバーを困惑させていたが、18年12月25日の生放送でプロデューサーを解任されたのである。

「デビューCDの『りスタート』では【続行ver.】【解任ver.】【解任&罰ver.】という3形態を用意。その売れ行き次第でクロちゃんの処遇が決まるという仕掛けで案の定、【解任&罰ver.】が3万枚超えで最多となりました。生放送では宙吊りにされたクロちゃんが何度も水槽に沈められる罰を決行。さらに『彼女にしたいから』という理不尽な理由でメンバー入りできなかった候補生のカエデも、所属事務所・WACKの判断で追加メンバー入りすることが決まり、新生・豆柴の大群をアピールする形となったのです」(アイドル誌ライター)

 正式にWACKプロデュースとなった豆柴の大群では元旦に、メンバー全員の改名と新衣装を発表。復活を果たしたカエデが“カエデフェニックス”になったほか、メンバーカラーに彩られた衣装がモノトーンのスケバン風になるなど、「クロちゃん色」を脱した姿を見せている。そんな“我が子”にクロちゃんが示した「未練」について、アイドル誌ライターが続ける。

「メンバーのハナエモンスターは、これまで所属していたWACKの研修生グループ『WAgg』を卒業し、豆柴の大群に昇格。クロちゃんは大みそかに開催された卒業公演に“祝ハナエ様”と宛て書きしたスタンド花を出し、《仕事でいけなくて観れないの残念だけど、応援してます!ハナエモンスターファイトだしん!!》とツイートしていました。クロちゃんのようなアイドル好きで知られるタレントが、わざわざメンバー一人の卒業に花を出すのは異例のこと。みずからがオーディションで選びながら、もはや手の届かない存在になったハナエモンスターに対して、せめてもの“親心”を示したかったのでしょう」

 さらに1月5日には豆柴の大群について、〈過程を初めから観れてるみんなは幸せだと思うしんよー〉とツイート。こちらも親心を見せつつ、〈っていうか、いきなり変わりすぎてるしん!〉と、名前や衣装の変更に戸惑っている様子を隠せなかったようだ。

「ただクロちゃんの親心はちゃんとメンバーに伝わっているようです。ハナエモンスターはWAggの卒業公演にて『りスタート』の歌詞について触れ、《サビの「だから無駄じゃないよ経験したすべて」が、今の自分と重なってとても大好きな歌詞です》と明かしていました。またクロちゃんの解任が決まった直後の12月26日には《放送で飛び跳ねてた私が言うのもなんですが、クロちゃんには感謝してもしきれないものが沢山あるんです》ともツイート。アイカ・ザ・スパイ、ナオ・オブ・ナオ、ミユキエンジェルら他のメンバーも一様にクロちゃんに対する“感謝”を綴っていました」(前出・アイドル誌ライター)

 今後はいちファンとして豆柴の大群に接するであろうクロちゃん。彼女たちが売れれば売れるほど、元プロデューサーとして複雑な気持ちが強まるのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来