芸能

「トップナイフ」、“いいとこ取り”が裏目に出そうな「新鮮味なし」の酷評!

 1月スタートドラマの中でも、特に注目されていた「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」(日本テレビ系)。しかし、当初から「ドクターX」(テレビ朝日系)の対抗馬と目され、同じ医療系ドラマゆえに似たところがあるのは仕方ないとしても、周囲の声は手厳しい。

「医療系ドラマによくあるシーンですが、『ドクターX』での米倉涼子演じる大門未知子同様、やはり『トップナイフ』でも、深山瑤子(天海祐希)の手術を見ている周囲のスタッフが、その手さばきに“速い!”と感心するお決まりの場面が出てくる。結局、医者の手腕や人間性が主題になってくるため、あとは患者にいろいろな事情を持たせ違いを出すしかない。原作が小説ということもあって、なかなか独自色は出せないのかもしれません」(テレビ誌編集者)

 バラエティーでは定評のある日本テレビだが、もともとドラマ部門は苦戦する傾向にあった。しかし昨年は「3年A組-今から皆さんは、人質です-」や「あなたの番です」が大ヒット。その余勢をかって挑んだのが今回の「トップナイフ」だった。脚本はフジテレビで人気を博した「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」シリーズを手掛けた林宏司氏を起用していることからも、その意気込みがわかる。

「ただ、それも各局ドラマがよくやる“いいとこ取り”。その“極地”が番組最後に天海が見せるエンディングのダンスです。このノリも、16年に大ヒットした『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の“恋ダンス”とかぶっている。新鮮味がないんです」(ドラマ制作会社関係者)

 第1話の視聴率は13.0%と上々の滑り出しを見せたが、2話目で早くも12.4%と下り坂の気配を見せ始めた「トップナイフ」。今後の数字に注目だ。

(津田昌平)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
2
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
田中圭&武田玲奈「ボートレース」CM炎上も「指摘する人は欲求不満!?」の声