女子アナ

鷲見玲奈超え?テレ東・森香澄、“爆裂E胸”で競馬ファンの下半身も鷲づかみ!

 昨今、テレビ東京などで土曜日に放送されている「ウイニング競馬」で、オジサンたちが競馬中継以外に熱くなっているのが、アシスタントを務める森香澄アナの存在である。

 森アナは今年に入り、1月6日の放送からアシスタントに抜擢。テレ東入社1年目にして競馬は全くの初心者とのことだったが、そんなことはお構いなしに競馬ファンを魅了しているのだ。

「その魅力は、何と言っても推定D~Eのバストです。スタジオでの放送では、森アナが出演メンバーの一番右側に座るのですが、CM入りの直前など、事あるごとにカメラが右脇からのショットに切り替わり、森アナのドーンと突き出たバストの大きさがわかりやすいように捉えるんです。森アナもニットなど肌にピタピタの衣装を必ず着ており、もう確信犯としか思えないのですが、ネット上でも《かすみんの胸が気になってレースの予想ができない!》と悶絶の声があがっていましたよ」(テレビウオッチャー)

 18日の放送では、提供クレジットのバックで、得意のダンスを披露。これがまったく競馬とは関係ないのだが、ブルンブルンと激しく揺れまくる胸に加え、番組に馴染もうとする一生懸命さも、競馬ファンにかなりの好印象を与えたようだ。

「『ウイニング競馬』の人気アシスタントと言えば、最近になって不貞疑惑のゴタゴタがあった鷲見玲奈アナがいました。彼女の場合も当時、森アナと同じ位置の席に座り、推定Gカップを強調した衣装に加え、下は時にミニ丈スカート部分からデルタ地帯をチョイ出ししつつのメガネ女子スタイルという、サービス満点の進行ぶりを見せており、16年12月に担当を外れた際は鷲見ロスが起きたほど。森アナの人気は、早くもそんな当時の鷲見アナを超えたと言っても過言ではありません」(前出・テレビウオッチャー)

 今度は先輩にならって、“デルタ地帯”を披露していただきたいものだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
のん“一日署長”姿がすっかり下ネタ扱い…「完全復帰」が実現しない残念現象
2
すみれがスカート奥見せ!太川&蛭子も暴走「旅バラ」再放送の注目ポイント
3
フジ渡邊渚、「柔らかそう!」絶賛の“Gバスト”爆揺れダンス生披露
4
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
5
「鶴瓶の息子」駿河太郎、2年以上の「ドロ沼裁判」急転和解の“ナゼ”