芸能

美女アナ「仁義なき覇権バトル」春の陣(3)テレ東は田中瞳が一気にエースアナへ

 鷲見玲奈アナ(29)の局内不貞に揺れるテレビ東京ではこの春、「新エース」誕生の兆しが。

「現場追放こそ免れましたが、鷲見アナの今後の展望は不透明。そんな中、彼女の座を奪うとみられているのが、入社時から『テレ東史上最高の逸材』ともてはやされて『モヤモヤさまぁ~ず2』のアシスタントに抜擢された新人・田中瞳アナ(23)なんです」

 こうテレビ関係者は断言したあと、

「鷲見アナが降板させられた地下鉄モニタービジョン『日経電車版』のナビゲーターも、田中アナが引き継ぎました。こうした急な動きに、テレ東内部では『田中をプッシュしたい勢力が鷲見をハメたのでは』といった陰謀論まで飛び交っています」

 TBSもまた、相次ぐ若手アナのスキャンダル報道に頭を悩ませている。

「上層部がショックを受けたのが、昨年8月『FLASH』にスッパ抜かれた『TBSのカトパン』こと良原安美アナ(24)の半同棲発覚。昨年5月にも同誌で山本里菜アナ(25)の赤ベンツ王子との同棲が報じられていて、『局内にスパイがいる』と、今なおピリピリムードが続いているんですよ」(テレビ関係者)

 だが、問題はそれだけでは終わらない。

「現在も『ひるおび』などレギュラー5本を抱え、長らく馬車馬のように働かされているエース・江藤愛アナ(34)について、局内では『そろそろ休ませてやるべき』との声が強まってきています」(テレビ関係者)

 そのため同局内では「ポスト江藤」を求める声が飛び交っているという。

「筆頭とみられているのは安定感抜群で男性人気も高い皆川玲奈アナ(28)。さらに局内で『黄金世代』と呼ばれている16年入社組の伊東楓アナ(26)、日比麻音子アナ(26)、山本恵里伽アナ(26)を各看板番組に配置する動きもありますね」(TBS関係者)

 中でも、期待の星と呼ばれているのが、入社2年目の田村真子アナ(24)だ。

「彼女は自民党・田村憲久議員を父親に持つ筋金入りのお嬢様で、『ニュースでもバラエティーでも、将来のエース候補』と期待を集めている。ある同局幹部は、『彼女こそTBSの顔にふさわしい』とベタボメしていました」(TBS関係者)

 スキャンダルの厄を払う新戦力が、局の窮地を救ってくれるかどうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
2
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」