芸能

天才テリー伊藤対談「奈月セナ」(2)ここまで美人だとやっかいだよなァ

テリー プロフィールを見ると、生まれは岐阜県で、高校卒業後に上京してきたんだね。学生時代はどんな子だったの。

奈月 中学の時は物静かな陰キャラというか。完全にヤンキー扱いでしたね。「関わっちゃいけない女の子」みたいな。

テリー ヤンキー? ということは、学校をシメてたんだ。

奈月 いえいえ、あまり人と接しないものですから、ちょっと怖い印象を持たれていたんです。

テリー 確かに、ここまで美人だと、中学生の男子は近寄りがたいだろうな。「俺には荷が重い」って感じ。

奈月 だといいんですけどね。部活も弓道部だったし、やっぱり暗い感じがしたんだと思います。

テリー 弓道部か、暗いっていうより実に渋いね。クレー射撃とかもそうだけど、的を狙う競技って精神力の勝負だから。じゃあ、ずっと部活に明け暮れていた感じなの。

奈月 はい、だから学生の時はあんまり遊んでいないんです。恋はしていたんですけれど‥‥。

テリー おっ、いいねぇ。俺が振る前から恋愛の話題が出てきた(笑)。誰に恋していたの。

奈月 その時好きだったのは、中学時代の数学の先生でしたね。

テリー 同級生や先輩じゃないんだ、大人びているなぁ。俺調べだと、数学・美術の先生の9割はスケベなんだけど、あなたの憧れの先生はどう?

奈月 アハハ、どうだったんでしょうね。

テリー (再びプロフィールを見ながら)でもさ、高2の時からもう「岐阜美少女図鑑」というフリーペーパーでモデルをやっていたんでしょう。どんな男の子でもコロリといけただろうに、なんで先生だったの。

奈月 やっぱり年の近い子は物足りないというか、一緒にいてあまり楽しくないんですね。あと、生徒が先生を好きになっちゃう、みたいな背徳感が欲しかったのかもしれないです。

テリー さっきのDVDと同じじゃない!? その頃から禁断の愛に目覚めていたとはね。根は相当スケベなんだな。

奈月 いやだ、そんなことないですよ!

テリー だって、エッチで満足させられなかったら「この程度なの?」とか言われそうだもの。そんなこと言われたら、俺なんかすぐ謝っちゃうよ。

奈月 私、どんなイメージなんですか。

テリー さっきも言ったけど、美人すぎて男には荷が重い感じ。痴漢されたこと、ないでしょう?

奈月 はい、身長が高いせいもあるかもしれませんが、まったく。

テリー ということは、ナンパも?

奈月 それもないですね。痴漢やナンパ、一度くらいはされてみたい願望もあったりするんですけれど。

テリー やったら、すごい美人局が出てきそうだからなァ(笑)。あと、デートしたらすごくお金がかかりそうなイメージもある。生半可な店に連れて行ったら、すごく怒られそう。

奈月 それも、すごく言われるんですよ。でも私、全然そういうの気にしないんですけれど‥‥デートの食事がラーメン屋さんとかでも全然OKです。

テリー いやいや、ラーメン屋さんにこんな美女をホイホイと連れて行けないって。美人がすぎるのも、なかなかにやっかいなもんだね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
長嶋茂雄、「“自身を引退に追い込んだ男”に陣中見舞い」秘話を中日OBが放談!
4
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ