芸能

安藤美姫「決意の告白」(3)競技復帰戦は連盟が全面協力の厳戒態勢

 謎を残したままの「未婚の母」公表騒動の舞台裏について、とあるスポーツジャーナリストはこう解説する。

「ソチ五輪を前に、理由もよくわからない欠場を続けてきた安藤には逆風が吹いていた。そこで、ひた隠しにしてきた出産を美談にして、『ママ頑張れ』と世論を味方につけようとしたんでしょう。すでにこれだけ話題になっていますが、舞台を提供したテレ朝も、中継するグランプリ・シリーズのいい宣伝になりました。“安藤効果”で彼女が出演する7月6、7日のアイスショーも、告白後にチケットの売れ行きが伸び、盛況で終わりました」

 一方で、そのアイスショーは異例の厳戒態勢だった。

「地区予選となる安藤の競技復帰戦も取材規制を敷いていくそうで、『子供のことに触れない』というルールを守った社だけ記者会見に入れることになります」(前出・連盟関係者)

 しかもこれは、連盟が安藤サイドに全面協力している結果だそうで、その背景に、「子供の父親」が関係しているというのだ。

「子供の父親は南里ですよ。もともと彼は取材を受けるのが苦手ですが、今回はあまりの取材攻勢なので、直撃されて否定したように、当分は一切無関係で通すそうです。その方針は家族皆で確認している。彼が安藤の相手だという報告をすでに受けている連盟も『南里なら大丈夫』と、彼の性格のよさが浸透していたおかげで安藤のバックアップを決めたそうです」(前出・フィギュア関係者)

 それならば公表してもよさそうなものだが‥‥。

「安藤も南里も母親が厳しい人です。それでも、モロゾフとの結婚には否定的だった安藤の母親が、南里であればと賛成したほど彼は信頼されている。一部報道で婿養子になることを条件にされたなどと出ましたが、安藤には弟がいるし、4人姉弟の南里は他が女性ばかり。ありえないですよ。一方、南里の母親は反対する立場だったといいますが、生まれてきた孫の顔を見たら、かわいさに納得したと。つまり、少なくともモロゾフの子ではないことは明白です」(前出・フィギュア関係者)

 あとは安藤が奇跡の復活ロードを歩めば、全ては丸く収まるか‥‥。

 全日本選手権で8連覇を達成した、元フィギュア選手・渡部絵美氏がエールを贈る。

「現段階では、誰にでもソチのチャンスはあります。ママさんスケーターとして、多くの女性に勇気を与えるよう頑張ってほしいですね」

 安藤に大きな注目が集まる中、浅田真央が頂点を目指すというシナリオも見えるが、少々ワガママなママの一大挑戦を見守りたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
胸の膨らみが気になる?乃木坂46生田絵梨花、「全力TT兄弟」動画も絶賛の嵐
2
有安杏果、精神科医との交際発表で噴出する「芸能界全体を敵に回す」危惧!
3
菅田将暉「3年A組」はいきなりの最終回ネタバレで視聴者の獲得に成功!?
4
視聴率低迷「いだてん」を救うサプライズ出演者は“のん”でなくアノ女優!?
5
木梨憲武、四半世紀ぶりの「とんねるずライブ」“本格始動”をノリノリ報告中!