芸能

TBS・江藤愛「地味キャラ」が「ポスト水卜ちゃん」に急成長(1)すっぴん豊満水着レポート

 今やTBSの顔となった「ひるおび!」のMCを務める江藤愛アナ。かつて、田中みな実の同期として、「地味キャラ」の辛酸を舐めていた時期もあったが、今や評価はうなぎ登り。女子アナナンバーワンの水ト麻美アナを脅かす「好感度アナ」の下積み闇仕事に迫る。

 TBS局員が語る。

「今年の春の改編は、TBSにとって正念場。20年3月期の視聴率の下落幅では、ゴールデン(19~22時)、プライム(19時~23時)ともに在京キー局ワーストになっただけに、4月からは月曜のゴールデンタイムを総入れ替えするなど、社運を賭けています。しかもこのコロナ禍で『半沢直樹』を筆頭に、軒並みドラマの開始が延期になるなど大混乱。そうした中で、月曜プライムタイムに格上げとなった『CDTVライブ!ライブ!』は、看板の江藤愛アナ(34)を投入。仕切りも万全ですから、週末の視聴率アップが期待されています」

 その安定したアナウンス力と清潔感あふれる雰囲気の中に、どことなく漂う三十路のエロス。目下、にわかに脚光を浴びているのが江藤アナだ。女子アナウオッチャーによれば、

「もともと、青山学院大学出身で『準ミス青山』に選ばれるなど、その美貌は有名だった。ただ、あまり自己アピールが上手なキャラクターではなかったので、入社当初はニュース読みや情報番組のレポーターなどの仕事がもっぱら。しかも入社1年目には、ニュース原稿で読み間違いを連発。上司に怒られた直後にニュースを読もうとしたところ、泣き出しそうになり、我慢していたら鼻血を出してしまったこともある。同期の田中みな実が『サンデー・ジャポン』でぶりっ子キャラとして注目を浴びる中、対照的な地味キャラゆえ、社内でも注目を浴びていなかった」

 そんな中、入社2年目の10年から「はなまるマーケット」のレポーターに就任。11年には女子アナとしては異例の「汁ダク水着姿」を披露して、女子アナファンをあっと言わせたのだ。女子アナウオッチャーが続ける。

「番組の内容は、大阪のプールで人気の納涼ウオータースライダーを紹介するというもの。江藤アナは花柄のワンピースで、下半身はミニスカートタイプの水着姿で登場しました。露出面積こそそれほどないものの、意外にも推定Eカップの豊満な胸の谷間をのぞかせ、レポートがあまり耳に入ってこなかった(笑)。レポートでは果敢にウオータースライダーに挑んで、全身びっしょりに。すっぴん状態のまましゃべる姿は、さながらお風呂上がりのセクシーなイメージを彷彿させました」

 さらには、13年に放送された深夜番組「女子アナの罰」では、体操着姿で喜々として登場。軟乳をプルンプルンと揺らしながら走り高跳びにチャレンジするなど、どんなB級仕事も笑顔でこなす、けなげな一生懸命キャラとして、徐々に社内で評価されるようになっていったという。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ
3
タモリが語った「生活習慣の変化」と昔“バカにしていた”相手の実名!
4
日テレ滝菜月、リンボーダンスの“ぷっくり下腹部ライン”にファン妄想爆発!
5
「鶴瓶の息子」駿河太郎、2年以上の「ドロ沼裁判」急転和解の“ナゼ”