スポーツ

大野豊「広島カープCS初進出の秘策を提言」(2)左の先発を育てられなかったことが反省点

 先発陣には及第点を出した大野氏だが、目下、広島の悩みの種は絶対的な「セットアッパー」の不在だろう。前半戦最終戦となった7月17日の対中日戦は、野村謙二郎監督が「方程式の崩壊」と嘆く試合展開となった。

「完璧な勝ちパターンでした。7回をしっかり抑えた先発・バリントンのあと、誰が継投するかが注目でした。2対0とリードしている状況では本来、ここで今村猛(22)が登板するタイミング。ところが、前日の救援失敗があり、監督に不安や迷いが生じたのでしょう。中継ぎの2番手に久本祐一(34)が登板。満塁としてしまい、代わった横山竜士(37)が逆転本塁打を浴びて、連日の逆転負けとなった。やはり、こうした場面では、前日の失敗を踏まえても、今村を粘り強く使うのが良策だったかもしれません」

 前日の16日の対中日戦では、8回から登板した今村が同点打を浴び1イニングで降板。最終回に、ミコライオが逆転を許す犠打で敗戦を喫していた。

 それだけに安全策をとった采配と言えるが、大野氏によれば、混迷する3位争い、ひいてはCSという短期決戦を勝ち抜くうえで、チームの軸となるセットアッパーを粘り強く起用することが不可欠だというのだ。

「CSに出るための絶対条件は、セットアッパーが自信を持つことです。WBCの日本代表にも選ばれた今村の今季の成績(登板35試合、1勝2敗2セーブ、15ホールド)は、彼本来の実力ではありません。今シーズンに限って言えば、1~2イニング抑えれば勝てる状況での逆転負けが非常に多く、彼の不調がチームの成績にも誤算を与えています。後半戦、今村が復活すれば方程式も復活し、勝ち星も上がってきます。一刻も早く自信を取り戻してほしいですし、そのためには登板の機会を与えたほうがいいでしょう」

 一方、ここにきて光明が見えつつあるのが、「守護神」永川勝浩(32)の復活の兆しだ。最後の優勝となった91年に26セーブで最優秀投手に輝き、“抑え”の重要性について身をもって体験した大野氏は、後半戦の活躍に太鼓判を押す。

「永川はカープの歴代クローザーの中でトップの164セーブを残しています。過去3年、何もできていない悔しさの中、投球スタイルや球種を変えながら、今年はオープン戦で結果を残しました。さあこれからだ、という時にケガで戦列を外れてしまいましたが、前半戦最後の試合では変化球の使い方もうまく、さきざきに期待を持たせてくれました。まだまだ後半戦に向けて、もう一花も二花も咲かせてくれるんじゃないでしょうか」

 また、右腕が主体の先発陣において、昨年まで3年間、投手コーチを務めた大野氏は「左の先発を育てられなかったことが大きな反省点」と振り語る。中でも通算17勝の篠田純平(28)と、同19勝の齊藤悠葵(26)の2人の活躍に期待を寄せる。

「私自身が左(投手)だったということだけではなく、右の先発しかいないとなると、相手チームは打線を組みやすくなります。その点で期待していたのが、篠田と齊藤ですが、今季は一軍からお呼びがかかりません。もともとコントロールと制球でバッターを打ち取る技巧派タイプだけに、もっと活躍して先発の5、6番手となってほしいですね。他にも同じ左の中村恭平(24)=1勝3敗=は4月の中日戦でプロ初勝利をあげましたが、150キロのストレートを投げるものの、気持ちが優しく、それがマウンドで出てしまうこともあり、相手への威圧感が感じられないのが難点。『闘争心を見せてくれ』とコーチ時代に何度か話しました。戸田隆矢(20)=0勝1敗=ともども、まだまだ今後成長する選手だと思います」

 広島ファンにとっては、まさに「わが意を得たり」と言える大野氏の言葉ではないだろうか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
リモコンみたいに自由にできる?阿部華也子、「癒やされ動画」にファン妄想!
2
胸の先がこぼれそう!マギー、「水着が下すぎバスト」に熱視線
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
石橋貴明、「スポーツ王」視聴率1桁でピンチもあの業界に参戦で再ブレイクか?
5
フワちゃんの無防備なバストトップが無人島ロケでハミ出ちゃった!?