女子アナ

NHK桑子真帆、新型コロナの影響で民放夕方の「アノ席」が確約された!?

 NHKの桑子真帆アナにとって新型コロナウイルスは、二つの影響をもたらしているようだ。ひとつは俳優・小澤征悦との熱愛が報じられた際に、大きな批判を浴びたこと。外出自粛が求められる中、ステイホームせずにノーマスクというNHKアナとしての自覚に欠ける行動で悪目立ちしてしまったのである。

 一方で、以前から噂されるフリー転身に際しては、この新型コロナ禍がプラスに働くかもしれないというのである。小澤との熱愛が報じられる前から業界内では、フリー転身後に“あの席”が確約されているのではとの噂でもちきりだったという。

「夕方の報道番組『Live News it!』(フジテレビ系)にて、メインキャスターの座が約束されているというものです。現在はカトパンこと加藤綾子がその役目を務めていますが、視聴率は2~3%台と超低空飛行。そのためフジテレビでは加藤を降板させて桑子アナを後釜に据えると言われています」(テレビ関係者)

 ただ、加藤のクビが危ういというのは以前から聞かれる話。そこになぜ新型コロナが関係してくるというのか。

「最近のニュースが新型コロナ一色になるにつれ、カトパンが、いかに報道番組に向いていないのかが浮き彫りになってきました。華やかさではテレビ業界随一のカトパンですが、新型コロナ関連の重いニュースでは、彼女がどうしても醸し出してしまう“軽さ”が裏目のマイナスに出てしまい、《深刻さが伝わってこない》と評判はよくないんです。局アナ陣で固めている『news every.』(日本テレビ系)や『スーパーJチャンネル』(テレビ朝日系)、そしてホラン千秋の評判が良い『Nスタ』(TBS系)には敵わないのも当然かもしれません」(前出・業界関係者)

 そこでフジテレビが求めているのが、重いニュースでもしっかりと伝えられる実力派のキャスターだというのである。

「桑子アナは昨年まで『ニュースウオッチ9』、そして現在は『おはよう日本』のキャスターを務めており、実績は十分。何より女性視聴者からの信頼が厚く、夕方の報道番組にはうってつけの存在でしょう。早ければ10月から、遅くとも来年4月にはフリー転身と新キャスター就任という流れになりそうです」(前出・テレビ関係者)

 たとえ視聴率が同時間帯で最低の番組でも、桑子アナにとってキー局の報道番組は魅力的な移籍先となりそうだ。

(浦山信一)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス