スポーツ

「野村克也監督との思い出」明かした古田敦也に片岡篤史が“苦笑”したワケ

 2020年2月11日に他界した野村克也氏。この野村氏の遺志を最も継いだ選手と言えば、ミスタースワローズの呼び声も高い古田敦也氏ではないだろうか。同じくキャッチャーでもあり、またプレーイングマネージャーを務めた実績も野村氏をなぞるようだ。一時期、野村氏との確執も噂された古田氏だが、野村氏との出会いをどう感じていたのだろうか?

 元プロ野球選手、ユーチューバーとしても活躍している片岡篤史のYouTubeチャンネル〈片岡篤史チャンネル〉、5月3日投稿回に古田氏が出演し、野村氏との思い出を語った。

「野村さんから言われて、今振り返ればタメになったというか、思い出に残る言葉とかありますか?」片岡のこの問いかけに、「一番覚えてるのは、豊富な知識がピンチを救う」だったと古田氏は口を開いた。人間はピンチの連続だが、知識さえしっかりと習得しておけば、ピンチを乗り越えることができるのだと教わったと振り返った。

 それを受けて片岡が「野村監督に出会えたことは、古田さんの野球人生の中で大きいですか?」と質問。すると古田氏は、こう答えた。以下、やりとりはこう続く。

「ものすごく大きいと言うか、ラッキー!幸運だと思います。野村監督はキャッチャーの全ての記録を持っている方。27年間プロ野球されて集大成みたいなのを、怒りながらですけど…ボクらに教えてくれるわけですから、ラッキー以外ないですね」

「当時、言われたことはすべて素直に受け取れました?」

「当時…最初のうちはね、もちろん。最初のうちは、は語弊があるけど…」

 と、時に片岡を苦笑させる場面もあった。

 野村氏はかねがね、一流選手には非難して指導に当たると語っていたが、少々それが過ぎたかな?…と思わせる古田氏の発言だった。

 ヤクルト黄金時代はイコール古田氏と言っても過言ではない。そんな選手を育てた監督も立派だが、やっているのは自分だという自負が選手の側にもあっただろう。愛のムチもほどほどに…といったところか。

 もっとも、野村氏の格言に、〈三流は金を残し、二流は名を残し、一流は人を残す〉がある。古田氏ほどの人物を育てたのだから、後で何を言われようとも、野村氏は満足してあの世に旅立ったと思いたい。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?