芸能

コロナ禍の今こそ知りたい!TV美女たちが「緊急事態」から脱出した方法

 緊急事態宣言は解除されたものの、新型コロナウイルスの危険は去っていない。今も注意が必要な状態が続く。だが、危険がいっぱいの芸能界には、すでに緊急事態を乗り越えた美女も少なくない。そんな彼女たちから、何か学べるものがあるはず。誰がどんな危機を乗り越えてきたのか、振り返ってみたい。

 まずはグラドルの熊田曜子。12年に「ペニオク事件」が起きると、熊田にもステマ疑惑が浮上した。松金ようこやほしのあきが槍玉に挙げられ、芸能界から離れることになる中、彼女はなんとか乗り切ることに成功する。

「熊田はよけいなことをいっさいしゃべらず、沈黙を貫きました。そのうち騒動も沈静化。今では彼女がペニオク騒動に巻きこまれたことを知らない人も多いのではないでしょうか」(芸能ライター)

 まさに“沈黙は金なり”だ。

 女優の清水富美加は芸能界から追放されそうなほどの緊急事態を経験した1人。17年5月、清水は所属事務所との専属契約が終了したことを発表。すぐに幸福の科学が開設した事務所に所属した。

 15年には事務所の先輩にあたる能年玲奈が独立騒動を起こし、能年玲奈を名乗れなくなったうえに芸能活動を制限される事態になったばかり。それを知りつつ、同様の独立騒動を起こした。さらに暴露本同然の自伝まで上梓。もはや芸能界に残るのは無理かと思われたが、今も生き残っている。

 その理由は新たな後ろ盾を得たことだろう。名前を「千眼美子」に変え、幸福の科学に関する仕事で忙しい日々を送っている。

「最後に元モーニング娘。の矢口真里を挙げておきたいですね。今さら説明の必要はありませんが、13年に不貞事件を起こしました。それも夫が不在の間に、夫婦の寝室に間男を連れ込むという暴挙。男性、女性両方からそっぽを向かれました。こんな惨事からいかにして立ち直ったのか。時が解決してくれるのを待ちつつ、バラエティ番組などで自分の価値をアピール。仕事を選ばず、何にでも出ることで仕事を少しずつ取り戻しました」(前出・芸能ライター)

 ここで挙げた美女たちは緊急事態を見事に脱したツワモノたちのほんの一部。他にも指原莉乃や後藤真希、テレビ朝日の田中萌アナなどやり手が死線をくぐり抜けている。彼女たちはどうやってピンチを脱したのか。6月3日発売の「アサ芸Secret Vol.64」で詳しく解説している。読めばいざという時に役立つかもしれない?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
2
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
田中圭&武田玲奈「ボートレース」CM炎上も「指摘する人は欲求不満!?」の声