スポーツ

巨人・坂本「コロナ大騒動」で漏れてきたセ・パ選手の「ホンネ肉声」とは!?

 6月19日の「プロ野球開幕」に暗雲が垂れ込める事態が発生した。球界の盟主である巨人から新型コロナウイルス感染者が2人出たばかりか、ヤクルトの選手も発熱により、PCR検査を受けることに。いまだ終息が見えないだけに、選手たちの動揺は増すばかりだ。

「巨人と(2日後に)試合するんですかね。勘弁してくださいよ。出たくない」

 ヤクルトのレギュラー選手がそうボヤいたのは「巨人選手で複数の選手が新型コロナウイルスに感染した疑い」という第一報が入った6月3日昼過ぎのこと。当日の夕方には、感染者がキャプテンの坂本勇人(31)と正捕手の座を狙う大城卓三(27)だったことを球団が発表した。

 プロ野球の開幕が2週間後に迫る中、球界を激震させるこの知らせは、瞬く間に他球団にも拡散した。

「ぶら下がり取材が禁止なので遠巻きの声しか拾えませんでしたが、パ・リーグの某球団では『開幕は大丈夫かよ』『マジで!?』など、みんな焦った様子でした」(スポーツ紙記者)

 体調に異常もなく、陽性反応が出たといっても遺伝子量は微量で正常値ギリギリの“微陽性”だったこと。さらにここ2週間の行動で、坂本は5月29日に友人との昼食、大城は5月28日にチームメイト2人と夕食をとった以外に外食も外出もしていなかったことを球団は発表した。

 しかし、コロナ禍で世間が外出自粛中の最中、北関東のゴルフ場では、こんな姿が…。

「坂本と菅野智之(30)が女性2人を伴い、お忍びでプレーしていました。周囲の客に見られないよう、全てセッティングしてもらっていたみたいです。例えば、ロッカールームの場所を一般客と変えたり、食事にしても食堂じゃなく、個室にするなどできますからね」(目撃したゴルフ客)

 いずれにしても、坂本と大城は6月3日の夜と5日の午前中に行ったPCR検査で、ともに陰性の判定が出た。開幕には間に合いそうなだけに、首脳陣はホッと胸を撫でおろしただろう。

 一日にして球界を大揺れにした巨人の「コロナ騒動」だが、これにて一件落着とはいかなかった。突然、降ってきたコロナワード「微陽性」や12球団全体のPCR検査に踏み切れない球界事情など6月9日発売の週刊アサヒ芸能6月18日特大号には、開幕目前で露呈した球界の問題について、セ・パ両リーグの選手たちの肉声と合わせて詳報している。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)