スポーツ

巨人・坂本「コロナ大騒動」で漏れてきたセ・パ選手の「ホンネ肉声」とは!?

 6月19日の「プロ野球開幕」に暗雲が垂れ込める事態が発生した。球界の盟主である巨人から新型コロナウイルス感染者が2人出たばかりか、ヤクルトの選手も発熱により、PCR検査を受けることに。いまだ終息が見えないだけに、選手たちの動揺は増すばかりだ。

「巨人と(2日後に)試合するんですかね。勘弁してくださいよ。出たくない」

 ヤクルトのレギュラー選手がそうボヤいたのは「巨人選手で複数の選手が新型コロナウイルスに感染した疑い」という第一報が入った6月3日昼過ぎのこと。当日の夕方には、感染者がキャプテンの坂本勇人(31)と正捕手の座を狙う大城卓三(27)だったことを球団が発表した。

 プロ野球の開幕が2週間後に迫る中、球界を激震させるこの知らせは、瞬く間に他球団にも拡散した。

「ぶら下がり取材が禁止なので遠巻きの声しか拾えませんでしたが、パ・リーグの某球団では『開幕は大丈夫かよ』『マジで!?』など、みんな焦った様子でした」(スポーツ紙記者)

 体調に異常もなく、陽性反応が出たといっても遺伝子量は微量で正常値ギリギリの“微陽性”だったこと。さらにここ2週間の行動で、坂本は5月29日に友人との昼食、大城は5月28日にチームメイト2人と夕食をとった以外に外食も外出もしていなかったことを球団は発表した。

 しかし、コロナ禍で世間が外出自粛中の最中、北関東のゴルフ場では、こんな姿が…。

「坂本と菅野智之(30)が女性2人を伴い、お忍びでプレーしていました。周囲の客に見られないよう、全てセッティングしてもらっていたみたいです。例えば、ロッカールームの場所を一般客と変えたり、食事にしても食堂じゃなく、個室にするなどできますからね」(目撃したゴルフ客)

 いずれにしても、坂本と大城は6月3日の夜と5日の午前中に行ったPCR検査で、ともに陰性の判定が出た。開幕には間に合いそうなだけに、首脳陣はホッと胸を撫でおろしただろう。

 一日にして球界を大揺れにした巨人の「コロナ騒動」だが、これにて一件落着とはいかなかった。突然、降ってきたコロナワード「微陽性」や12球団全体のPCR検査に踏み切れない球界事情など6月9日発売の週刊アサヒ芸能6月18日特大号には、開幕目前で露呈した球界の問題について、セ・パ両リーグの選手たちの肉声と合わせて詳報している。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
5
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス