女子アナ

田中みな実、「M」のシンバル連打絶叫シーンがいろいろな意味で物議!

 6月27日放送の「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)第6話で田中みな実演じる礼香が、マサ(三浦翔平)の部屋に上がり込んでドラムの前に座り、シンバルを連打しながら絶叫するシーンが物議を醸している。

 アルバムが大ヒットし、アユ(安斉かれん)とマサはおたがいの愛情を確認し、恋人関係としても絶好調だったのだが、激しく嫉妬しまくった秘書の礼香(田中)がマサの部屋になぜか侵入。マサとアユが帰宅するのを待ち受け、今日は自分の誕生日だと伝えると、「ハッピバースデー トゥー ミー」と熱唱。

 マサに「アユになんかしたら、オレはお前を絶対に許さない」と言われた礼香は「許さなぁーい、ヴァーサース、許さなぁーい‥‥どっちの“許さない”が勝つのかなぁーーーー!」と雄たけびをあげながらシンバルを連打。

 ネット上には突然のシンバル連打音と絶叫に驚いた人々から「とっさに近所迷惑になると思った」「焦ってボリュームを下げた」といった声に交じって「田中みな実が痛々しくてかわいそう」「ここまでやるともう笑えない」「これはもうただの話題作り」「田中みな実が哀れ。哀れと感じさせたら失敗の域でしょう」「田中みな実の今後の責任は誰が取るの?」といった苦言が相次いでいる。

「田中のこのシーンは第6話の目玉シーンであることは間違いないでしょう。しかし視聴者に田中の心配をさせてしまったら、もはやそれは演出が行きすぎた証拠ではないでしょうか。“TBSの局アナだった田中がここまで振り切っているから見てください”といった感じで用意されたシーンを見ても、視聴者はしらけるだけです」(テレビ誌ライター)

 視聴者の反応を見る限り、どうやら女優が演じる「タガが外れた演技」と違って、感情がうまく届かなかったと思われる田中のシンバル連打絶叫シーン。田中はどこに向かって何になろうとしているのだろうか…。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
5
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声