社会

東京は1日200人超えなのに…コロナ感染ゼロ岩手「夜の街」防衛術とは?

 東京では連日100人超え、200人超えの感染者が出るなど、早くもコロナ“第2派”騒ぎで揺れている。それを横目にいまだに全国唯一“コロナゼロ”を更新中なのが岩手県。果たして、北海道に次ぐ全国2位の面積を持つ岩手が偉業を続ける理由とは?同県の「夜の街」はどんな対策をとっているのか。まずは、社会部キャップが岩手県下のコロナ感染状況を説明する。

「東北は全国でも比較的感染者が少なく、一番多い宮城でも7月9日に累計感染者数100人を突破したばかり。緊急事態解除後も、翌10日に青森で2カ月ぶりに10代の学生が感染するなどポツポツ感染者は出ている。岩手に近い宮城・県北の気仙沼でも感染者が出ているが、不思議と岩手だけがゼロ記録を更新しているんです」

 7月12日時点での岩手県以外の東北での累計感染者は秋田16人、青森30人、山形71人、東京に近い福島でも83人と、7000人超えの首都・東京とはもはや比較にならない少数だ。しかし、現地からは戸惑いの声が聞こえてきた。現地ジャーナリストが岩手事情をレポートする。

「もちろん数字上ではゼロですが、県民は誰も信じていませんよ。新花巻、盛岡など新幹線が停車する駅の近くの繁華街では、新幹線が東京のウイルスを運んでくるというウワサが吹聴されており、サラリーマンは奥さんに『絶対飲みに行かないように』と厳命されているくらい。感染者はいなくてもコロナは県内に入ってきているはず」

 意外にも首都・東京のコロナ禍は岩手県でも対岸の火事ではない様子なのだ。はたして、「コロナゼロ県」を死守できる防衛術とは?ほかに、コロナ感染拡大を続ける歌舞伎町ホストクラブの実態もあわせて7月14日発売の週刊アサヒ芸能7月23日号で多角的にレポートする。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「お団子ヘア」が発端で浮上した「脱毛に関する疑惑」
2
アンダーウェアで外出か!?男子を騒然とさせたマギーのデート写真
3
さらば森田「ギャラ未払いの超人気バラエティ番組」告発で飛び交う憶測!
4
「帰れ!」巨人・原監督が坂本勇人に激怒した“1打席で強制帰宅”の裏
5
吉岡里帆「先っちょ咥え込み写真」が“アレにしか見えない”大興奮の声!