芸能

まさか最終回?高橋英樹・十津川警部シリーズ最新作に“疑惑”広がったワケ

 放送を7月26日に控え、期待が高まっている「西村京太郎トラベルミステリー 十津川警部シリーズ」(テレビ朝日系)の最新作。主演の高橋英樹のブログや公式サイトで少しずつ情報が明らかになっている。7月16日には予告動画が公開。この内容が物議を醸しているのだ。

 動画で表示される最新作のタイトルは「西村京太郎トラベルミステリー 十津川警部のラストラン」。まるで最終回かと思ってしまうタイトルになっている。

「十津川警部シリーズはもともと『土曜ワイド劇場』(テレビ朝日系)で放送されていました。土曜ワイドがなくなってからは決まった枠ではなく、スペシャル番組として放送されています。そのため、最新作が作られなくなる可能性があり、いつ最終回になってもおかしくない。また村川透監督は83歳、高橋英樹は76歳と主要スタッフの高齢化も懸念材料。ファンが心配するのも無理はありません」(テレビ誌ライター)

 では本当に今回が最後になるのだろうか。予告動画では十津川警部が犯人に銃で撃たれたかのような描写もあり、“最後”を感じさせる。

 だが、問題の「ラストラン」は登場する路線に関係しているようだ。今回の舞台は北海道の桑園駅と北海道医療大学駅の間を結ぶ札沼線。実は札沼線の北海道医療大学駅と新十津川駅の間が今年の春に廃止になったばかり。ラストランは札沼線のことを指すようだ。

「事件に札沼線が密接に関わっているようで、登場人物が廃止を撤回するよう要求するシーンもあります。今春、廃止になった区間は本来、5月6日まで運行する予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で4月17日に繰り上げられてしまい、きちんとラストランを飾ることができなかったんです。今作が札沼線のフィナーレを飾る貴重な映像になるかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

 十津川警部は今後も続くのか。本放送が注目される。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
3
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ