芸能

瀧川鯉斗、「族の兄ちゃん」落語家弟子入りも引き取るとテリー伊藤に「断言」!

テリー 前座の頃って、収入はどのぐらいなんですか。

鯉斗 前座は寄席に行くと1日1000円いただけるので、30日で3万円です。で、師匠の鞄持ちに行くと、お小遣いをいただけて。だから、当時は風呂なしアパートに住んでましたね。

テリー そうするとね、僕が師匠みたいな男前だったら、女の子の世話になって、もっといい部屋に住もうと思うんですけど。

鯉斗 あぁ、それもちょっと考えたんですけど、なんか不器用なのか、できなかったですね。その時は落語を吸収したい気持ちのほうが強くて、そっちを一生懸命やってました。彼女はいたんですけどね。

テリー やっぱり、今日話してても根っこのところが真面目ですよね。今、師匠のお客さんは女性が多いんですか。

鯉斗 そうですね。二つ目の半ばぐらいから、ちょいちょい、あんまり寄席に来ないような若い子がいるなぁと思ってたんです。それで独演会をやり始めたら若い女性がいっぱいで、驚きましたね。

テリー そういうお客さんだと演目は変えるんですか。

鯉斗 いえ、古典落語をそのまま伝えます。日本人なんでだいたいわかるかなと。

テリー でもね、素人考えですけど、落語って八っつぁん、熊さんの世界ですよね。客に「男前が与太郎噺をやってる」って思われると、やりづらい面もあると思うんですよ。自分で男前とは、言いにくいでしょうけど。

鯉斗 そうですねぇ‥‥。なので、今は与太郎噺はしないようにしてます。今、主に高座にかけているのは、「紙入れ」「紺屋(こうや)高尾」「明烏(あけがらす)」あたりの艶噺や人情噺で。もちろん、うちの師匠や小遊三師匠は滑稽噺を得意とする師匠ですから、そういう噺もやりたいんですけど、なにしろ人相とキャラクターが違うので(苦笑)。僕は自分のフィルターを通して、今の古典落語をお客さんたちに伝えていきたいです。

テリー 例えば「枕」はどうしてるんですか。

鯉斗 メインは日常のことを話してまして。申し訳ないですけど、たぶん、今日テリーさんと対談させていただいたことも、使わせていただくと思います。

テリー アハハ。いやいや、ぜひ使ってくださいよ。でもね、師匠はこれから落語界でも特別な存在になっていくと思うんです。そうすると担う役目も大きいですよね。

鯉斗 いやぁ、ありがとうございます。なので、あまり落語を知らない方に落語を広めていきたいというのがひとつと、あとは小遊三師匠たちに教わった落語界のルールを、プレーヤーとして入ってくる10代、20代に教えたいですね。長屋があった時代の、日本人の粋みたいなものを伝えていきたいっていうのが、すごくあるんですよ。

テリー 今はどういうところに住んでるんですか。

鯉斗 今は普通のマンションです。頑張って働いて、稽古部屋のある、和風の一軒家を作りたいですね。

テリー もうお弟子さんも来てるんですか。

鯉斗 いやいや、まだまだ。

テリー あ、そう。でも、そろそろですよ。きっと地方の族の兄ちゃんが「俺も鯉斗師匠みたいになりたい」って特攻服を捨てて来ますよ。どうします?

鯉斗 アハハハ。いや、その時は引き取りますよ。それは僕がうちの師匠や小遊三師匠たちにしていただいたことですからね。

◆テリーからひと言

 見た目はもちろんだけど、中身も男前だったね。さすが元総長! この号が出たら、ほんとに暴走族の兄ちゃんたちが大挙して押し寄せるかもよ。気をつけてね。

(アサヒ芸能8月6日号「天才テリー伊藤対談」=4=)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラブリ、「書類送検のタイミング」で生じていた「外見の劇的変化」
2
元AKBや紅白出演者も脱ぐ!?今年”マッパになる女性芸能人”にファン歓喜!
3
「バイキング」坂上忍も呆れ返った?松嶋尚美、不織布マスクの仰天使用法とは
4
坂上&指原MC番組、赤字店立て直し企画に「店主がかわいそう」の声が続々
5
激震余波で揺れ動く!?森七菜、「移籍騒動」裏側と「隠れ爆裂バスト」真相とは