芸能

矢野浩二 中国デビューの経緯と仕事の繋げ方を語る

テリー それで8年たって、やめると言ったの?

矢野 というか、2000年に中国のドラマに参加することになって、向こうへ行きます、と。当時、森田さんと同じサンミュージックに所属させてもらってたんですけど、副社長が中国のプロデューサーと知り合って、ドラマを撮るから日本人の留学生役が必要だということでオファーがかかったんです。

テリー その時はどのぐらい中国に行く予定だったの。

矢野 最初は3カ月ですね。北京での撮影で。その撮影が楽しくて、中国でやってみようと決断したんです。それで1年後の2001年4月から北京で生活を始めました。

テリー それはマネージャーも付かず1人で行くの?

矢野 はい。

テリー すごい勇気だよね。1年後だったのは、中国で仕事が決まってたから?

矢野 いえ、決まってないです。ドラマの放送が1年後だったので、そのドラマがヒットするだろうと目安を立てまして。結果、全然ヒットしなかったんですけど。もう「どうしようか」ですよ。軍資金は90万円しかなくて。

テリー 向こうって家賃はどのぐらいなの。

矢野 当時のアパートが1500元で、2万円ちょいですね。まぁ、おんぼろアパートで、今はあんな部屋ないと思います。

テリー 偉いなぁ。

矢野 でも、希望のほうが大きかったですよ。当時、中国を開拓してる日本の役者やタレントはいませんでしたから。だったら俺がやったるみたいな。

テリー 中国語はどうしたんですか。

矢野 行く前に森田さんから「しっかり勉強してこいよ。学費はやるから」っていただいたので、語学学校へ通いました。

テリー 他に日本人もいたんですか。

矢野 いましたけど、自分は避けてましたね。どうしても日本人だけで集まってしまうと、勉強にならないので。

テリー そうだよねぇ。

矢野 でも、あんまり効果はなかったです。やっぱり学校の勉強より、仕事現場のほうが覚えますよね。

テリー 頭いいですよね。だって、中国語って難しいじゃない。

矢野 でも、時間かかりましたよ。「あ、俺、けっこうしゃべれるな」と思ったのは中国へ行ってから6年後ですから。

テリー ある程度、中国語が話せるようになって、向こうの事務所に入るの?

矢野 いえ、当然プロダクションもあるんですけど、向こうは個人で活動している人も多いんですよ。すごく個人とのつながりを大事にするんです。だから、毎日食事や飲みに行ったりして、まぁ時間はかかりますけど、そこから仕事に発展することが多いですね。

テリー 仕事ないのに毎日飲みに行ったりって、お金が大変じゃないですか。

矢野 それが、中国の人って、すごくお客さんを大事にするんですよ。外国の人はお客さん扱いなんですね。「外国から来たお客やから、出さすわけにいかん」と、ほとんどおごってもらってました。

テリー へぇ。なんとなく中国の人って対日感情が悪い気がしますけどね。

矢野 いや、それはもちろんありますよ。でも、個人の関係としてはないですよね。逆に「あんた、よく頑張ってるなぁ」って同情してくれました。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
のん“一日署長”姿がすっかり下ネタ扱い…「完全復帰」が実現しない残念現象
2
すみれがスカート奥見せ!太川&蛭子も暴走「旅バラ」再放送の注目ポイント
3
フジ渡邊渚、「柔らかそう!」絶賛の“Gバスト”爆揺れダンス生披露
4
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
5
「鶴瓶の息子」駿河太郎、2年以上の「ドロ沼裁判」急転和解の“ナゼ”