政治

歴代総理の胆力<最終回>(2)待望は「中曽根型」トップリーダー

 そうした中で、令和の時代を迎えることになった。

 しかし、この時代は“特別なすべり出し”となった。新型コロナウイルスの世界的感染拡大である。ために、特に経済が世界的な大ダメージを受けた。日本も例外ではなく、緊急事態宣言による休業事業者などへの補償問題などで、(補正予算など)なんと160兆円というべらぼうな財政支出を行わざるを得なくなった。

 また、外出への自粛などから消費が壊滅的となり、年間でGDP(国内総生産)のじつに4分の1が消えるといった状態だ。輸出で成り立つこの国も、世界経済の先行きがまったく見通せない中で、この期に要求される総理大臣の条件が問われている。

 一般論から言えば「構想力」「決断力」「実行力」などが問われるが、どうやらここに来て求められる総理像は、「君子豹変」を果たせるに巧みな人物になるのではないかとみている。

 これまでの歴史の教訓を踏まえての政策判断、舵取りも結構だが、もはやそれだけでは太刀打ちできない激変の世界情勢になっている。今後、予測できないことだらけのそれということである。当意即妙、何が起こっても間髪を入れず対応する能力が求められるということである。

 先般、安倍晋三総理が「体調不安」から、第1次政権同様の政権投げ出しをした。「ポスト安倍」は、石破茂元幹事長、岸田文雄政調会長の有力候補を押しのけて、菅義偉官房長官が急浮上を果たしている。

 しかし、混迷期の総理として菅が適任かとなると、期待して見守るということしか術がない。

 となると、本来なら適役は、記憶に新しい“風をよむに敏”で知られ、「風見鶏」の異名のあった中曽根康弘元総理ということになる。しかしながら、中曽根並みの豹変に巧みな総理候補は、悲しいかな政治劣化著しい今の自民党には不在である。

 この国の政治の光明は、長いトンネルの先にまだ見えては来ないのである。

小林吉弥(こばやし・きちや)政治評論家。昭和16年(1941)8月26日、東京都生まれ。永田町取材歴50年を通じて抜群の確度を誇る政局分析や選挙分析には定評がある。田中角栄人物研究の第一人者で、著書多数。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
辻希美、「息子とSLを見にお出かけ」報告にまさかの「撮り鉄以下」批判!?
4
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
5
ぼる塾の平手友梨奈モノマネに“坂道ファンが激怒”の「意外な理由」!