芸能

半沢直樹「原作とドラマはこんなに違う」(2)原作では夫婦愛は描かれていない

20130926o_2

 ドラマで話題になったシーンといえば、やはり人事部次長の小木曽(緋田康人)の“机叩き”だ。テレビ誌編集者が話す。

「銀行本部のヒアリングの席で、机をバンバンと叩きながら半沢を追い込み謝罪させますが、原作では半沢も椅子に座って対峙し、反論をぶちかますばかりか、テーブルをバン! と叩きつける。もちろん、謝罪の言葉はありません

 怒りだすと、タレ目がちの優しいまなざしを一変させて、鋭い眼光でにらみつける半沢。ドラマでは、同期で出向させられた近藤(滝藤賢一)と、剣道で汗を流したり、傘などで相手の反撃に身構えることもあるが、これは原作にはない。

 ただ、暴れる元社長の腕をひねり上げ、突進してくれば足をかけて転がす。腕には自信があるようだ。

 悪党に向かい、「本当のことを言うなら今のうちだぞ」の殺し文句は、勧善懲悪ドラマにピッタリのセリフだ。芸能ジャーナリストの佐々木博之氏が話す。

「久しぶりに『ドラマのTBS』と誇れる作品でした。長寿ドラマの『水戸黄門』や『必殺シリーズ』といった日本人の大好きな要素が織り込まれている。そこに演技派をそろえたキャスティングが、またみごとでした。原作をあとから読んでもしっくりとくる。そして『ダマしたほうが悪い』『最後には正義は勝つ』というわかりやすさが痛快でした」

 視聴者の基本的ターゲットは、最近の風潮を無視し、男性という点も奏功。身近でいながら意外にも内実を知らない銀行という舞台設定も、ドラマが“大化け”した理由のようだ。佐々木氏が続ける。

「難しい金融界用語は解説されているし、男社会に上手に女性を配置。大阪篇では壇蜜をセクシーな愛人役だけでなく女性起業家として設定。また、原作では男性だった、したたかな羽根専務役を、東京篇では倍賞美津子が演じるなど、スパイスも効いていた。もちろん、銀行マンを支える夫人たちの演出も巧みでした」

 その象徴が大阪篇のラストだろう。原作では半沢の家庭の夫婦愛は描き込まれていないが、ドラマでは上戸彩演じる半沢花が、夜景を前にして義父(笑福亭鶴瓶)が自殺していたことを打ち明けられる。

「ドラマ版の半沢の行動原理には、大和田常務(香川照之)に融資を引き上げられて父が自殺に追い込まれたという恨みがあり、この強烈な復讐心がドラマを貫く最大のテーマとなっています。ところが、原作ではそもそも父親は自殺していません。つまり、大和田常務への恨みがない。あくまで貧乏くじを引かされ続けた、半沢をはじめとする『バブル入行組』の悲哀を前面に押し出しています」(前出・テレビ誌編集者)

 今後は年内に総集編SPドラマが放送され、そして来年夏にはシリーズ3作目のドラマ化や映画化も検討されているという。

 ちなみに、現在、原作者の池井戸氏はビジネス誌でシリーズ4作目を連載中だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”