スポーツ

広島カープ「倍返し下剋上」なら絶対モメるCS問題(4)CSの試合数を増やす計画も

20131003s

 消化試合がなくなってペナントレースは終盤まで活況を呈し、球団の収益にもつながる。CS開催のメリットは確かに大きいが、さまざまなトラブルが発生し、見直しが話題になった経緯もあるという。NPB関係者が明かす。

「04年、05年のプレーオフでダイエー(ソフトバンク)が連続して負けた際、当時の王監督は『何だ、このシステムは!』と言いました。CSで優勝球団の無条件アドバンテージはこの発言の影響があったと思います」

 さるパ・リーグ球団の関係者もこう話す。

「09年、3位・ヤクルトが首位と22ゲーム差でCSに出ましたが、日本シリーズ後のプロ野球コンベンション時に催されたオーナー会議の席で、あるオーナーが『見直し』をほのめかす異論を唱えた。これと前後して、球団代表が出席する実務者レベルでのプロ野球実行委員会でも、勝率5割以下の球団の扱いについての意見は出たと思います」

 だが、それも正式な議論ではなく、雑談程度だったため、状況に変化はなく、現在に至っている。そしてこの関係者は、こんな問題も提起するのだ。

「アドバンテージの付け方もどうなのかと思います。かつてパのプレーオフは5ゲーム差で1勝のアドバンテージでした。仮にその論理でいけば、例えば今年のセは巨人が3位に20ゲーム近くの差をつけている。5ゲーム差で1勝なら、20ゲーム差では計算上は4勝。巨人が試合をやる必要はなくなりますよね。それほどの差があるということです。それが現状のように20ゲーム差でも1勝、0.5ゲーム差でも1勝なら、それこそペナントレースの意義が問われます。何のために144試合も戦うのか」

 前出・NPB関係者も次のように言って「弊害」を認めるのだ。

「10年のロッテ下剋上以降、監督やコーチの頭に『最低限、3位に入ればいい』との考えが出てきたのは事実です。優勝しても覆される可能性がありますから。それならばと、来るべき“本番”に向けて戦力を『温存』する傾向も出てきた。投手の調整も“本番”を見据えてのものになったり。CSは盛り上がっているように見えますが、現実問題として、全国的に“本当のファン層”は離れていっています。それは金儲け主義のなせるものであり、複数の球団の裏方さんが『この動きをすぐに止めないと、野球がどんどんつまらなくなる』と危機感を募らせています」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
2
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
3
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
4
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
5
福田明日香の“手本”となった「あのアイドルグループ」のマッパ事件史!