スポーツ

日本代表の森保一監督に不満ブチまけた!?若手FWの“物議を醸すつぶやき”

 10月1日、日本サッカー協会はオランダで強化試合を行う日本代表メンバーを発表した。

 新型コロナの影響で日程が組めず、代表選は実に10カ月ぶりのこと。帰国後に2週間のコロナの感染予防を求められるJリーガーの招集は見送られ、史上初めて欧州でプレーする選手のみで編成された。

 そんな中、メンバー発表前からある選手が呼ばれるのか、注目が集まっていた。サッカーライターはこう話す。

「それは、シント=トロイデン(ベルギー)でプレーするFW鈴木優磨です。というのも、23日に自身のツイッターで、物議を醸すつぶやきをしていました。その内容は、《イライラする部分が好きじゃない? てめーなに様だよ》、《だったら呼ぶんじゃねーよ》と連続で投稿。この時点では誰についてなのかわからなかったのですが、《もしかして、森保監督???》というリプライに鈴木が『いいね!』をしたのです」

 森保監督といえば、いわずもがな日本代表の森保一監督と考えておかしくないだろう。

 だとすれば、なぜ鈴木は監督批判とも受け取れかねないつぶやきをしたのか。前出のサッカーライターはこう続ける。

「15年に鹿島アントラーズユースからトップ昇格し、同年にデビューした鈴木は、前線で体を張れる強さと力強い突破力が魅力のストライカー。オラオラ系の見た目で、特に試合中は常に目つきが鋭いため、ネット上で『チンピラ』と呼ばれるほど。試合中にボールが回ってこないとイライラを隠すことはなく、闘志をあらわにするタイプなのですが、もしかしたら発表前にその部分を森保監督に指摘されていたのかもしれません」

 すでにつぶやきは削除されているが、この先、24歳のやんちゃFWが日本代表に呼ばれることはあるのか。

「所属チームで主軸として活躍していますが、これまでリーグ8試合で2得点とエースとして物足りなさは否めません(10月5日現在)。ただ、14年のブラジルW杯では、Jリーグで得点を量産していたFWの大久保嘉人がサプライズ選出されています。鈴木も監督が招集を無視できないほどゴールを奪えば、呼ばれてもおかしくないでしょう」(前出・サッカーライター)

 やんちゃな一面もふくめてサポーターの期待度は高く、ツイッターではなく、ピッチでの大暴れに注目したい!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
5
坂口杏里、“顔だけなら坂道グループにいそう”自画自賛発言にネット民猛反発