女子アナ

田中みな実「プロフェッショナル」出演で絶賛裏の「面倒くさい女」低評価

 田中みな実が、27日放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK総合)に出演。そこで見せた表情に、ファンから心配の声が上がっている。

「取材初日、彼女は取材ディレクターに『どういうものを期待してオファーしていただいているのか。(私は)何のプロフェッショナルでもないから』と告げ、『今日お話をして、やっぱり違うなって思われたら、それはそれで』と割り切り、さらには『旬が過ぎちゃうかもしれませんが大丈夫ですか?』と自虐コメントを言い放っていましたね」(芸能ライター)

 そんな、バラエティ番組での明るいイメージを覆す冷静な姿は意外だったが、その一筋縄ではいかない自重な性格は、さらにこのあと爆発する。

「仕事の合間にパソコンを開いた彼女は、自身が受けたインタビュー記事をチェックし自ら修正。取材ディレクターから『めちゃくちゃ変えますね』と指摘されると、田中は『全部変えます』と回答。さらにその後、雑誌の編集者に直々に電話した彼女は、『(見出しは)“美のカリスマ・浜崎あゆみについて語る”みたいな感じなんですけど、“美のカリスマ”というのを入れていただきたくなくて。あと浜崎さんのことを語ってはいないので、違う見出しでいくつか出していただいて、そこから選ばせてください』と細かく指示していました」(テレビウオッチャー)

 そしてついには担当編集者を直接呼び出し、顔を付き合わせて修正を求め、予定の時間が過ぎてもそれが続いていたという。

「取材ディレクターに対し繰り返し、『飽きてないですか?』『飽きなかったですか?』と問いかけてきたり、『みんな、ちゃんとスイスイ泳いでいるんだけど、私は全然泳げてなくて、泳いでいるふうなだけで』『こんなキレイな衣装着させてもらって、こんなにキレイにヘアメークしてもらって、いつまで生きていられるのかしら。特別な才能があるわけでもないからね』などなど、とにかく自分を過小評価していたのです」(前出・テレビウオッチャー)

 等身大の田中が映し出された番組内容に、SNS上では「見応えがあった」「田中みな実さまのプロフェッショナル見て泣いた」と絶賛の声もあがっていたが、一方で「売れてるんだから、そこまで自分を過小評価しなくていいのに」「やっぱり田中みな実は性格が重いし面倒くさそう」「観ていてこっちまで肩の力が入って疲れた。色々世間の目を気にし過ぎるあの性格は心配になる」といった声も出ていた。

 ストイックさも田中が好感を持たれる要因の一つだろうが、周囲に過敏にも見える部分には、賛否両論もあるようだ。(魚住新司)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
2
朝ドラ「おちょやん」初回から視聴率イマイチで今後も心配の“致命点”
3
瀧内公美、ドラマ「共演NG」「恋する母たち」より見たい完脱ぎ映画3作品!
4
ASKAがツイッターで突然の“ご乱心”!?一般人にからむ「謎発言」連発の怪
5
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ