芸能

柏木由紀に「バストトップ丸っと出し」過去!?本人も認めた仰天「肌着事情」

 AKB48の柏木由紀が12月16日放送のラジオ番組「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)に出演し、オーバーサイズの肌着を着用していたとの疑惑に反論した。

 新型コロナウイルスに感染したメンバーと仕事をしていた関係で、「自宅待機2週間してました」と久々のラジオ復帰となった柏木。かなりヒマだったという隔離期間中は、毎日家でゲームを5時間ほど遊ぶ日々を過ごしていたものの、同番組では柏木の代打として出演したAKB48の大家志津香からとんでもない暴露の被害に遭っていたようだ。

 お笑い芸人のケンドーコバヤシが「大家がだいぶ柏木さんのことをチクってくれて。ここでは言いづらいぐらい(の内容)」と切り出し、「一番ライトなので言うと…」と前置きして、大家から胸用肌着が“パカパカしててバストトップがよく出てる”と告げられたと大家からのリーク情報を柏木本人に伝えたのだ。

 これに柏木は「ひゃー!」「聞いたことない! アイドルでそんな話!!」と絶叫。ただ、5年ほど前にオーバーサイズの肌着を着用していた点については「ウソではない。事実なのは認めます」と素直に明かし、「でも、私もパカパカなの気付いたんで」としたうえで、最近は胸用肌着ではなく「キャミにパットが付いたみたいなのにしてる。パカパカしないようにしてるんで。そこだけ訂正したい」と現在は“パカパカ“しないよう対策を施しているという。

 ただ、ケンコバからの尋問は終わらず、「過去には」と強調しながら胸用肌着が、「パカパカして」バストトップが丸っと出しになっていたかと再び問いただすと、柏木は「はい、そうです」と返していた。

「アイドルとは思えない大家からの“バストトップ丸っと出し“疑惑をブッ込まれた柏木でしたが、ケンコバからの容赦ない詰めにも柔軟な対応を見せ、最後には過去は”丸っと出し“だったことを認める形となりました。女性タレントへのケンコバの“大人なトーク“はこの番組では平常運転ですが、かつてはモデルの小倉優香がこうした卑猥なやり取りに辟易してラジオ出演を嫌がるようになったとの噂もあり、最終的に生放送中の『辞めさせてください』発言で番組から”強行卒業“。もちろん一部からは小倉への同情の声もありましたが、今回の柏木の下ネタへのみごとな切り返しについて、ネットでは『ケンコバさんもこの反射的なリアクションにハマって柏木の信者になったんだろうな』『自分に求められていることを瞬時に理解し、表現していく頭の回転の速さはアイドルの域を超えてる』『いいキャラしてるなぁ』などと絶賛の声が続々と集まっています」(テレビ誌ライター)

 ラジオ番組でどこまで大人なトークがOKかどうかには昨今様々賛否の声もあるが、柏木がこの番組に求められていることを体で覚えていることは間違いなさそうだ。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」