芸能

石田桃香 Eテレ「Rの法則」は学校みたいな感覚で楽しかった

●ゲスト:石田桃香(いしだ・ももか) 1997年、大阪府生まれ。12年、NHK Eテレ「Rの法則」の3期生としてデビュー、人気メンバーに。19年11月、「週刊ヤングジャンプ」(集英社)など11誌をジャックしてグラビアデビュー。以降、「浪速のピーチ姫」や「令和のグラビアクイーン」のキャッチコピーで多くのグラビア誌やマンガ誌の表紙などを飾る。20年4月、YouTubeチャンネル「ちゃんももチューブ」開設、数々の動画を配信中。2月12日、ファースト写真集「MOMOKA」が講談社より発売される。

 大活躍中の「浪速のピーチ姫」ことグラビアアイドルの石田桃香ちゃん。中学生の時からテレビに出演。ずっと順調な芸能生活を送ってきたかと思いきや、仕事がまったくない時期もあった。そこからいかに抜け出し、今に至るのか。その頑張りに天才テリーも思わず脱帽。

テリー (テーブルにズラリ並んだ石田が表紙の雑誌を見て)すごいよね、最近。こんなにたくさん!

石田 ありがとうございます。うれしいです。

テリー グラビアを始める時って「あれ、もしかしたら向いてるのかな」って自分で気づくの?「私、オッパイ大きいし」とかさ。

石田 私、もともとグラビアアイドルの方がすごい好きやったんですよ。でも、体型に自信がなかったので、できるとは思ってなくて。最初、マネージャーさんに「やりたい」って言った時も「いや、できるかわからない」って、ちょっと口を濁されてたんです。

テリー あ、そうなんだ。こんなにかわいくて、できるに決まってるよなぁ。

石田 いえいえ。でも、一度やらせていただいたら、マネージャーさんも「おっ、やってみたら意外と」ということに気づいていただきまして。私も「あ、グラビアって、やっぱり楽しいんやな」ということに気づいて、そこから自分の好きなことをやってたら、たくさんの人に認めていただけたという感じで今に至ってます。

テリー それが何年前?

石田 始めたのは1年ちょっと前ぐらいです。

テリー もともとは「Rの法則」(NHK Eテレ)に出てたんでしょ。

石田 はい、20歳の時まで7年間ぐらい。中学生の時からずっと出てたので、すごい楽しくて、学校みたいな感覚でした。7年ですから、小学校よりも長い間ずっとスタッフさんとか、同じメンバーといたので、みんなですごく成長し合えたと思います。

テリー どんなところが?

石田 やっぱり私、イモくさかったんですよ、大阪からずっと通ってて。

テリー 出身が大阪なんだよね。

石田 はい。で、人前でしゃべるのは好きなんですけど、うまくしゃべれなくて。でも、20歳で番組を卒業する時には、思ったことをちゃんと伝えられるようになったり、コミュニケーションが取れるようになりました。

テリー 俺、見たことないんだけど、どんな番組だったの。

石田 中高生の興味ある話題を私たちメンバーが街へ調査(リサーチ)に行って、ランキングを作ったり、それについてみんなでトークしたりする番組です。

テリー ということは、桃香ちゃんみたいな子がスタジオに大勢いるわけだ。

石田 そうです。毎回ひな壇に15人ぐらい座ってて。で、あんまりおもしろくなかったり、しゃべれなかったりすると、だんだん呼ばれなくなっていくんです。

テリー うわっ、厳しいなぁ。じゃあ、他の子がしゃべってる時は心の中で「すべれ、すべれ」って思ってるんだ。

石田 いえ、そんなことはないです(笑)。おもしろいことを言ったり、毎回呼ばれてる子がいると「ハマッてるなぁ」みたいなことは思ってましたけど。でも、それも「頑張ろう」というエネルギーになって、みんなすごい刺激になってたと思います。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
4
上沼恵美子とオール巨人が辞退した「M-1審査員」の後釜候補者9人
5
火遊びOK!?上白石萌歌「大好きな俳優と出演作」が物語る「アブない性衝動」