芸能

松田聖子、斉藤由貴…アイドル誕生から50年で振り返る「史上最高の名曲」は?

 1971年6月、南沙織が「17才」でデビューし、アイドルという言葉が定着した。それから早くも50年。キラ星のごとく多くの名曲が誕生している。

 80年代を代表するアイドルといえば、やはり松田聖子だろう。膨大なヒット曲の中でもとりわけ「アイドルソング」感が強かったのが「赤いスイートピー」(82年)だ。

「この曲で彼女は“ぶりっ子”の象徴だった聖子ちゃんカットを短くして、大人の歌手としてひとつ上のステージに上がりました。それまで男の子のファンで占められていたのが、この曲で同性からも好かれるようになった」(音楽評論家)

 自身の名前と年齢を歌詞に入れた松本伊代の「センチメンタル・ジャーニー」(81年)も革新的だった。NHKの歌番組ではこのフレーズを歌えなかったというエピソードもある。

 正統派のアイドルソングで、歌のテーマ性、キュートなルックス、見守りたくなる歌唱力とアイドルに必要な要素をすべて兼ね備えていると高く評価されているのが斉藤由貴のデビュー曲「卒業」(85年)。

「作詞・松本隆、作曲・筒美京平の黄金コンビが手掛けています。サビの部分の『ああ卒業式で~』はもともと『ああ』がなく『卒業式で』だけだった、それがレコーディングの段階で筒美さんが急に『ああ』を入れようと主張。これによって印象的なフレーズになったといいます」(芸能ライター)

 発売中の「アサ芸Secret Vol.68」では、音楽関係者らが「アイドルの名曲」BEST30を選出。広末涼子、ももいろクローバーZ、欅坂46などもランクインしている。思い出のヒットソングを振り返りつつ、自身の青春時代を思い返してみてはいかが。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芦田愛菜、ボディの“S字ライン”クッキリ急成長に「もう大人のオンナ」大絶賛
2
橋本環奈“Dバスト”がきつくて苦しい!?自ら明かした「肌着事情」
3
土屋太鳳、Gバストがくっついたり離れたり!弟・神葉に羨望の声が出た密着映像
4
本田真凜に「大人のオンナ」指摘…宇野昌磨との関係も納得の“経験済み”進化
5
「こっちも信用しない」!林家三平に円楽が放った「生放送ダメ出し」の痛烈中身