芸能

哀川翔 もともとは「ポップティーン」の雑誌ライターだった

テリー マドンナ役の剛力(彩芽)さんは、いかがでしたか。

哀川 バカバカしいシーンも何の抵抗もなくやってくれてね。すごくすっとぼけたりもしてるんだけど、押しつけがましくない笑いみたいなものを、適切にやってくれたんじゃないかなって気がします。

テリー 演歌歌手の役なんだけど、壺振りのシーンなんかもあってね。すごいハマってましたよね。

哀川 うまい感じにやってくれてましたね。だから、そういう空気感もやっぱり「デコトラ」だなと。

テリー 撮る前、監督からは何か言われたんですか。

哀川 いや、何も言われなかったですね、もう1作目からずっとやってきてますから。最初に台本を見せられた時は「喜劇なんですけど、これできます?」って言われたんですよ。

テリー 1作目の時?

哀川 そうです。でも、基本的に喜劇は好きですからね。俺たちが笑いを追求してもお笑いのプロがいるんだから、それは無理ですけど。本人はいたって真面目にやってるのに、周りから見るとなんかおかしく見えてしまう役っていうのはやってて楽しいですよ。そういうキャラクターの(主人公の飛田)鷲一郎というのは、やっぱりすごく愛すべき男だなっていうところはありますね。

テリー ねぇ。だから、このコロナ禍で、みんなが落ち込んでる時にね。

哀川 そうですね。見てくれた人が、ちょっとホンワリした気持ちになってくれれば。勝俣(州和、刑事役で出演)なんか見終わったあと、「昭和だね」って笑ってましたけどね。

テリー たしかに(笑)。

哀川 だから、そういう昭和感みたいなものがお客さんにも通じてくれればおもしろいと思うし、こういう人たちもいるんだよ、みたいなものが伝わればね。映画としては成り立っていくなと思います。

テリー これ、舞台挨拶もあるんですか。

哀川 そうですね。これが出る頃には終わっちゃってますけど、(埼玉県)飯能市に協賛してもらったので2月14日に、ユナイテッド・シネマ入間で完成披露上映会があって、そこに監督と行きます。地元の人たちには、すごく世話になりましたから。

テリー そうですよね。

哀川 あと、2月20日は、名古屋で人気のBOYSANDMENのリーダー水野勝さんと監督と「ミッドランドスクエアシネマ名古屋」で、そして2月23日にはメインキャストが勢ぞろいして、「ヒューマントラストシネマ渋谷」というシャレた劇場で舞台挨拶をやる予定です。

テリー 楽しみだね。でも、慎吾ちゃんとか勝俣さんとか、いい仲間にも恵まれて、改めて哀川さんはいい芸能人生を送ってますよね。

哀川 とりあえず、巡り合わせがよかったというかね。周りの人にはすごく助けられて、哀川翔をつくり上げていただいてますよね。ありがたいことです。

テリー そもそも芸能界に入ったきっかけは「一世風靡セピア」ですよね。

哀川 そうなんですけど、もともとは若者文化とかを扱う「ポップティーン」って雑誌のライターだったんですよ。

テリー え、そうなの?

哀川 そうなんですよ。で、竹の子族とかロックンローラー族とかがホコ天に出てきた時に、一世風靡の前身(劇男一世風靡)も出てきてね、俺、取材に行ったんですよね。そしたら、すごいブームになって、徳間(ジャパン)さんから、レコード出さないかって。

テリー そうなんだ。

哀川 それを編集部の上司に言ったら、「お前、原稿はいつでも書けるけど、レコードはなかなか出せないぞ」と言われて、たしかにそうだなと。それで、ちょっと1回やってみるのもおもしろいなっていうのが、この世界に入るきっかけですね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
2
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
3
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!
4
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
5
かたせ梨乃、いとう・剛力との“幻のお風呂シーン”で生じた「夕食前の疑問」!