芸能

桑子真帆 過去のスキャンダルを一笑でも忍び寄る「左遷危機」

 新年早々、スキャンダルに見舞われたのが、NHKの桑子真帆アナ(34)。局としては表面上はお咎めなしで、本人も一笑に付しているが、その座は安泰とはいかないようだ。

「おはよう日本」の進行役のほか、大晦日の紅白歌合戦の総合司会も務めるなど、看板アナとしての期待に応えている桑子アナ。そんな彼女を襲ったのが、1月19日発売の「FLASH」に掲載された「元セフレ男性」による告発だ。告発者は、彼女が大学1年の時に知り合い、以後9年間「セフレ関係」にあったという人物だ。

 桑子アナについて「僕を入れて同時に3股交際していた」「彼氏よりもエッチがよかったと言ってくれた」「彼女の東京異動で突然、捨てられた」など生々しい限りの証言を行ったのである。前代未聞の告発は、NHKを大きく揺るがしている。同局関係者によれば、

「あまりにスキャンダラスな記事で、局内では『朝の顔としてどうなんだ』との批判が噴出しましたが、表面上は黙殺の構えです。すでに彼女が『おはよう日本』を自主降板するのではないかと心配する声まで出ていましたが‥‥」

 もっとも、心配をよそに、桑子アナは「セフレ告発」を一笑に付している。

「スタッフとの雑談でセフレネタを自ら切り出すぐらい余裕綽々。親しい男性の同僚に『奥さんに突然、捨てられたらどうします?』と自分のスキャンダルをギャグにしていました。まさしく鋼の心臓ですよ」

 そんな彼女の余裕ぶりを証明するように、直近の各誌はポジティブ材料を次々と報道。

「セフレの暴露後も交際相手の小澤征悦とはアツアツ」「根強く噂されている『フリー転身』の際はタモリが後ろ盾になる」などと喧伝されているのだ。

 だが一方で、NHK内では組織の大幅刷新が図られようとしていると、先のNHK関係者が明かす。

「今春、NHKでは『脱・東京一極集中』を打ち出し、前例のない大胆な異動を実施しました。東京放送局の主軸である武田真一アナ(53)と石橋亜紗アナ(29)が大阪に異動となり、大阪制作の『ニュースきん5時』を担当することになった。この流れが桑子アナにも遠からず波及しそうな状況なんですよ」

 果たして彼女はどうなってしまうのか。

「武田アナらと同様、地方に飛ばされる可能性が急浮上しているんです。看板アナだけに『脱・東京のシンボル』として、桑子アナを福岡や札幌に電撃異動させる超サプライズ人事も大いにありうる。仮にそうした通告を受ければ、一気にフリー転身を決断するかもしれません」(NHK関係者)

 まさかの展開はあるか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
2
上白石萌音、広瀬すずの美バストがくっきり!2021年の“アクシデント”ショット大賞が決定
3
片瀬那奈 事務所退所で引退危機も「1億円」であの業界からオファー?
4
岡副麻希、視聴者騒然!シートベルトがガッツリ食い込んだ“Cバスト”のド強調
5
鬼束ちひろ、逮捕で注目された「“豊かなバスト見え”誕生日会の動画」に称賛!